魚山大原寺 勝林院(ぎょざんだいげんじしょうりんいん)の詳細

魚山大原寺 勝林院(ぎょざんだいげんじしょうりんいん)
神旅 仏旅 むすび旅
ページの情報
記事タイトル 魚山大原寺 勝林院(ぎょざんだいげんじしょうりんいん)
概要

ブログ☞京都大原 声明の聖地を訪れる勝林院所在地 京都市左京区大原勝林院町187山号  魚山宗派  天台宗本尊  阿弥陀如来創建年 承和2年(835年)開基  円仁正式名 大原寺勝林院別称  問答寺札所等 法然上人二十五霊跡第21番文化財 石造宝篋印塔・梵鐘(重要文化財)本尊阿弥…… more 陀如来坐像が安置され、宝泉院と実光院の本堂でもあります。魚山は、大原の円融院、往生極楽院、勝林院、来迎院、融通念仏寺などの諸寺院の汎称で、声明の中心地であった中国の長安の外にある山東省に所在する声明の聖地「魚山」の名称に由来する。大原の地は、平安時代初期、日本天台宗を開宗した伝教大師最澄の弟子の円仁(慈覚大師)が声明(声明)[仏教歌謡]の修練道場として開山しました。円仁は中国(唐)に留学した折、五台山の太原(たいげん)を中心に盛んに行われていた五台山念佛(声明)を帰朝後、比叡山に伝え、中国の太源に因みこの大原の地を声明の根本道場とされました。大原は藤原時代には、俗化した比叡山を離れた念仏聖が修行する隠棲の里となります。この寺は、承和2年(835年)、慈覚大師円仁によって開かれたと伝えられる。円仁は唐で経典などに独特の旋律を付けて唱える声明を学んできており、この地にそれを伝えた。しかし、その後寺は荒廃してしまう。長和2年(1013年)、寂源によって復興され、勝林院が建立された。その際、寂源はここを声明研鑽の地としたので声明も復興された。聖応太師良忍が天仁2年(1109年)に来迎院を再興すると、勝林院を本堂とする下院と来迎院を本堂とする上院が成立し、この両院を以て「魚山大原寺」と総称されるようになった。以来、大原で伝承されてきた声明は「天台声明」や「魚山声明」と呼ばれます。文治二年(1186年)秋、法然上人を招いて浄土教について論議した大原問答が有名です。江戸時代初期、将軍徳川家光の時代に春日局の願によりお江の方、崇源院の菩提のために本堂が再建された。享保21年(1736年)正月の火災により本堂は焼失するが、安永7年(1778年)に再建される。江戸時代には4坊(理覚坊・実光坊・法泉坊・普暁坊)があったが、現在は宝泉院・実光院の2院が残る。【大原問答】大原問答とは法然上人が顕真法印(のち第61代天台座主)の招きにより大原の勝林院において浄土の宗義について交わされた論議のことです。顕真法印が主催となり法然上人を中心として、天台証真、高野山明遍、笠置寺貞慶、東大寺重源などが集まり一昼夜にわたり法然上人に12の難問が投げかけられました。この時、数多くの聴衆も集ったと伝えられています。問答では「どうすれば迷いの境地より脱して悟りの境地に入ることができるか。」の問いに対して、法然上人は「成仏はむつかしいけれど、往生は易しい。仏の願力を強縁としてにより有知無知を論ぜず、持戒破戒を選ばず、迷いのままに往生できる。」と答えられました。また「念仏を称えて往生をとぐべきことは理解できてもこの心が静まらないのは如何すれば。」の問いに対して「煩悩は起これども本願力で往生を得る。人間ありのままのすがたで救わるる道が称名念仏である。」と答えられました。(阿弥陀仏が衆生を救う近い・四十八願中で特に第十八願を指し王本願という)法然上人は凡夫往生の道、つまり機根比べは学問上の問題ではなく「現に今、自身はどうなのか、そしてどうするのか。この事実の前にはいかなる理論も通じず、一歩を譲らなければならない。」と説かれた。法然上人が念仏によって極楽へ往生できることをはっきりと示したその時、本尊の阿弥陀仏がまばゆい光を放って、その主張が正しいことを証明されたのでした。どんな人でも極楽浄土へ生まれ変われると知った聴衆たちは大変喜び、三日三晩、断えることなく念仏を唱え続けたと伝えられています。これによって法然の名は広く知れ渡り、庶民だけでなく、大原問答後まもなく、後白河法皇の姉の上西門院(じょうさいもんいん)が、法然に説戒を依頼します。その縁で後白河法皇やその皇女式子内親王、それに摂政九条兼実らも熱烈な信者となり、のちに兼実は法然を戒師として出家します。来迎橋小さな三途の川を渡り、ここからは極楽浄土の世界鐘楼本堂現在のお堂は安永7年(1778年、徳川家治の頃)に再建され、縁起が刻まれた擬宝珠もこの時のものです。屋根は椹板(さわらいた)で葺いた「柿葺き(こけらぶき)」、柱、梁など軸組、床板などすべてが欅造り(けやきづくり)となっています。山王社、観音堂、宝篋印塔阿弥陀堂の左側弁天堂平井乙麿の歌碑御神紋鉈捨藪(なたすてやぶ)跡 三千院を過ぎて、律川に架かる橋の畔に熊谷直実腰掛石と鉈捨藪跡があります。文治2年(1186年)の大原寺勝林院での法然上人の大原問答の折に、その弟子の熊谷直実(蓮生坊)は、「師の法然上人が論議にもし敗れたならば法敵を討たん。」との目的で袖に鉈を隠し持っておりましたが、上人に諭されて鉈を藪に投げ捨てたと伝えられています。(京都大原里づくり協会)御朱印 close

魚山大原寺 勝林院(ぎょざんだいげんじしょうりんいん)
サイト名 神旅 仏旅 むすび旅
タグ お寺
投稿日時 2018-05-17 01:01:00

「魚山大原寺 勝林院(ぎょざんだいげんじしょうりんいん)」関連ページ一覧

新着記事一覧

5月26日 観心寺(河内長野市)でいただいた御朱印


古都の寺院の隠された真実を求めて
次に観心寺に、お詣りさせてもらい先般、こちらで授与していただいたオリジナル御朱印帳の続きに四種の御朱印を書いていただきました。
古都の寺院の隠された真実を求めて
お寺 御朱印
2018-05-28 04:24:01

星井寺(鎌倉・成就院)の御朱印・鎌倉十三仏霊場第13番札所


御朱印(神社・仏閣)
天平年間、聖武天皇の時代に、行基によって創建されたと伝えられる星井寺(神奈川県鎌倉市)の御朱印。鎌倉十三仏霊場第十三番札所となっています。...
御朱印(神社・仏閣)
お寺 寺社仏閣(御朱印) 御朱印
2018-05-28 04:21:28

神々を訪ねて『出雲大社・荒垣外摂社』を歩く!「スクープ&祓社」vol⑧


「高天原の縁側日記」
『出雲大社・荒垣外摂社』シリーズは最期の祓社となりましたが、その前にスクープをご紹介いたします。【速報!特配員報告】松江市大草町に所在する西...
「高天原の縁側日記」
『神社仏閣巡り』 神社
2018-05-28 04:20:11

ウーナ42 天山10 晴気天山神社1 三つの下宮社の中央の宮


ひもろぎ逍遥
ウーナ42 天山10 晴気天山神社1  三つの下宮社の中央の宮   さて、三つの下宮の内、中央に鎮座するのが晴気天山神社だ。 晴気は「はるけ」...
ひもろぎ逍遥
「ウーナ」 神社
2018-05-28 04:00:03

【東本稲荷神社】(とうほんいなりじんじゃ)大阪市城東区


kazu1000のブログ / 社寺仏閣巡り
【東本稲荷神社】(とうほんいなりじんじゃ)大阪市城東区 宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)を祭神とし、衣食住の神様、商売繁盛の神様とし...
kazu1000のブログ / 社寺仏閣巡り
神社
2018-05-28 03:00:02

京都・圓徳院


ゆるりと寺社をめぐって
その名刹は 京の街並みに溶け込み 思わず素通りしてしまいそう 伏見城の名庭を移し 秀吉の持念仏を祀る 犬矢来が戦国の世を封印す 【京らしい街並み...
ゆるりと寺社をめぐって
お寺 京都
2018-05-28 02:41:03

【若宮八幡大神】(わかみやはちまんおおみかみ)大阪市城東区


kazu1000のブログ / 社寺仏閣巡り
【若宮八幡大神】(わかみやはちまんおおみかみ)大阪市城東区 仁徳天皇を祭神とする神社で、創建年月は定かではありません。社地は、昔から村内の小...
kazu1000のブログ / 社寺仏閣巡り
神社
2018-05-28 02:40:02

中禅寺湖畔に建つイタリア大使館別荘記念公園


猫耳に念仏 【今日はおでかけ日和】
和洋折衷の涼し気な建物でした 大正時代、中禅寺湖の周辺には大使館の別荘が次々と建ったという話。その中のイタリア大使館別荘と英国大使館の別...
猫耳に念仏 【今日はおでかけ日和】
お寺 ゆる~く雑談だニャ
2018-05-28 02:21:02

【阿遅速雄神社行宮】( あちはやおじんじゃあんぐう)大阪市城東区


kazu1000のブログ / 社寺仏閣巡り
【阿遅速雄神社行宮】( あちはやおじんじゃあんぐう)大阪市城東区 寝屋川と第二寝屋川をつなぐ川にかかる橋を渡ったところに鎮座しています。鳥居の...
kazu1000のブログ / 社寺仏閣巡り
神社
2018-05-28 02:20:06

【三郷橋稲荷神社】(さんごうばしいなりじんじゃ)大阪市城東区


kazu1000のブログ / 社寺仏閣巡り
【三郷橋稲荷神社】(さんごうばしいなりじんじゃ)大阪市城東区  この神社は住宅地の道沿いに鎮座しています。狭い掲載です。小さい社の上部には小さ...
kazu1000のブログ / 社寺仏閣巡り
神社
2018-05-28 02:00:02

5月26日 妙長寺(河内長野市)でいただいた御朱印


古都の寺院の隠された真実を求めて
次に南海電鉄で河内長野まで移動して事前に御朱印を担当されている副住職の、ご予定を確認していた妙長寺に、お詣りさせてもらいました。これから、こ...
古都の寺院の隠された真実を求めて
お寺 御朱印
2018-05-28 01:21:01
;