仁和寺 秋の気配を感じる境内の詳細

仁和寺 秋の気配を感じる境内
京都を歩くアルバム
ページの情報
記事タイトル 仁和寺 秋の気配を感じる境内
概要

←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。 ※写真は全てクリックで拡大します。 仁和寺の御殿の拝観を終えて、境内に散在する諸堂を見てを歩きます。上は中門。 白書院からも見えた「勅使門」大正2年(1913)に京都府技師・亀岡末吉の設計で建造。檜皮葺屋根の四脚唐門で前後を…… more 唐破風、左右の屋根を入母屋造としています。 こちらは東門からの参道、途中に霊宝館があり、国宝の「三十帖冊子」が初めて公開されるとのことで、後で訪れます。 「中門」(重文)は、二王門と金堂の中間に位置し、切妻造・本瓦葺・柱間三間の八脚門で、側面の妻部には二重虹梁蟇股が飾られています。 左の脇間に西方天(広目天)、右には東方天(持国天)が門を護っています。中門をくぐって左に御室桜の林があり、桜の開花期間は中門から先が有料となります(今年はどうなるか分かりません)。 「御室桜」は背の低い遅咲きの桜で、江戸時代の頃から庶民に親しまれ、数多くの詩歌にも詠われています。大正13年に国の名勝に指定されました。春泥「仁和寺や 足もとよりぞ 花の雲」、俗謡「わたしゃお多福 御室の桜 鼻が低ても 人が好く」。 向かいには絵馬所、おみくじ処、手水舎、休憩所があります。絵馬はいくつかの種類があります。 「観音堂」(重文)本尊・千手観音菩薩、脇侍・不動明王と降三世明王、周りに二十八部衆が安置され、須弥壇の背後や壁面、柱などに、白衣観音をはじめ仏・高僧などが極彩色で描かれています。 向かいに「五重塔」があります。寛永21年(1644)に建立され、総高36.18mで東寺の五重塔と同様に、上層から下層にかけて各層の幅にあまり差が見られないのが特徴です。 五重塔の北東の「九所明神」(重文)伽藍の鎮守社で、社殿は本殿・左殿・右殿の三棟あり、八幡三神を本殿に、東側の左殿には賀茂上下・日吉・武答・稲荷を、西側の右殿には松尾・平野・小日吉・木野嶋の計九座の明神を祀ります。 九所明神の北の一段高い場所に「経蔵」(重文)寛永~正保年間に建立され、釈迦如来・文殊菩薩・普賢菩薩などを安置。中央に八面体の回転式書架(輪蔵)を設け、各面に96箱、総計768の経箱に天海版の「一切経」が収められています。 経蔵の横、中門の正面に「金堂」(国宝)があり、仁和寺の本尊・阿弥陀三尊を安置しています。慶長年間造営の御所内裏紫宸殿を寛永年間(1624‐43)に移築、現存する最古の紫宸殿で当時の宮殿建築を伝える建築物です。 堂内に四天王像や梵天像も安置され、壁面には浄土図や観音図などが極彩色で描かれています。堂を囲む蔀戸(しとみど)は両面に格子を組んだ戸で、上下2枚に分れ寝殿造によく見れらます(閉じられています)。 「鐘楼」(重文) 江戸時代の建立。本来「楼」は二階建ての建物を指し、階上は朱塗で高欄を周囲に廻らせ、下部は袴腰式と呼ばれる袴のような板張りの覆いがされています。この鐘は通常と異なり、周囲を板で覆われていて見ることができません。 鐘楼の横に「御室水掛不動尊」(重文)への参道があります。この不動尊には伝承があります。昔、堀川の一条戻橋が洪水で流され、その復旧工事のとき橋の下からこの不動尊が見つかり、しばらくその地に安置されていました。 ところが、心無い者が悪戯するので不動尊が仁和寺に帰りたいと住民にお告げをして、ここにある石の上に遷されました。その後、石の下より泉が湧きだしたといいます。水を掛けて祈願することから、水掛不動とも呼ばれ、近畿三十六不動霊場の第十四番札所です。 「道真腰掛け石」901年菅原道真が大宰府に左遷されるとき仁和寺を訪れ、自分を抜擢してくれた宇多法皇に無実を訴えようとしました。その時、法皇は御影堂で勤行中だったので、道真はこの石に座って待ちました。法皇は醍醐天皇に会いには行きましたが、道真のことを取り次ぐことはなかったといいます。 参道の途中の「閼伽(あか)井」仏様にお供えする水(閼伽)を汲む井戸です。右手前の石標の側面に、「あらたまの年の初御仏の御加持のふしに奉る水」と彫ってあります。弘法加持水ともいわれるそうです。 「御影堂」(重文) 水掛不動の横にあり慶長年間(1596-1615)に造営の内裏 清涼殿の一部を賜り、寛永年間(1624-1643)に再建されたものです。 約10m四方の小堂に、弘法大師像、宇多法皇像、仁和寺第2世性信親王像を安置しています。蔀戸の金具なども清涼殿のものを利用しているそうです。境内の右奥にも門があり、その外が水掛不動になっています。 西門右の石標に「御室成就山八十八ヶ所 御山巡り 巡拝約二時間 三粁(㎞)」とあります。文政10年(1827)仁和寺29世門跡済仁法親王の発願により四国八十八ヶ所霊場の砂を仁和寺の裏山に埋め、その上にお堂を建てたのが始まりだそうです。 「OMURO88」とも呼ばれ、自然災害や経年劣化によって荒れた参拝路を整備する7か年プロジェクトが行われています。「大黒堂」は、江戸時代初期に建立され、本尊・千手観音、脇侍・不動明王と降三世明王、従属・二十八部衆などを安置しています。 古い消防ポンプが置いてあります。移動させる手段は人力、放水はタンクの上に乗ったボンベの圧力によると思われ、今まで寺社で見た消防ポンプの中では最も進化した機械です。 「令和阿弥陀堂」 令和改元を慶祝して建立、中には平成の大仏師・松本明慶師が一刀三拝して彫り上げた阿弥陀如来像を祀っています。仁和寺では永代供養(100回忌まで)を受付中で、ここで供養が行われるそうです。 中門から二王門、日当たりのよい木は少し色づいています。 お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。 ★こちらを是非よろしく→   ブログ村→ -------------------------------------------------------------------   close

仁和寺 秋の気配を感じる境内
サイト名 京都を歩くアルバム
タグ お寺
投稿日時 2020-10-01 15:21:04

「仁和寺 秋の気配を感じる境内」関連ページ一覧

新着記事一覧

三崎港周辺ぶらり散歩旅!観光と海南神社と町中華


神社・寺 – isLog〜イズログ〜|旅行記やグルメ情報を中心にiOSアプリ申請やウェブサイト制作のTIPSなどについてもお届け!
妻と2人、久しぶりの一泊二日の旅。 目的地は三浦半島南端「三崎」。 宿泊地は城ヶ島。 京浜急行の赤い電車に乗って神奈川県三浦市三崎へ。昼頃に三崎...
神社・寺 – isLog〜イズログ〜|旅行記やグルメ情報を中心にiOSアプリ申請やウェブサイト制作のTIPSなどについてもお届け!
グルメ ラーメン 旅行記 日本 神奈川 神社 神社・寺
2020-10-28 01:20:07

地蔵大仏にお願いごと ― 福智院 ― - 今日も終日お寺めぐり


御朱印(神社・仏閣)
  仏さまに1つお頼みしたいことがありました。それをどの仏さまにお願いするべきか、頭を巡らせてみました。  「○○にご利益がある仏様」「霊験あら...
御朱印(神社・仏閣)
お寺
2020-10-28 00:42:03

【彫師銘】木島神社の辨財天と木ノ元地蔵尊木元寺


道草画日記@愉し、低速徘徊な日々
山手幹線から一本北に入った場所に鎮座する神社です。木島神社は七五三まいり〜♪朱塗りの本殿横に・・・辨財天が祀られています。おおお、龍が...
道草画日記@愉し、低速徘徊な日々
お寺 神社
2020-10-28 00:40:05

高田山 専修寺 その1(三重県津市一身田町)


今、出発の刻(たびだちのとき)
訪問日 令和2年9月15日 高田山 専修寺(別称:本山専修寺) 前回訪れた十数日後に「如来堂と御影堂」が国宝に、また、多くの堂宇が重要文化財に指...
今、出発の刻(たびだちのとき)
お寺 神社・仏閣
2020-10-28 00:21:23

小倉神社(川崎市) - 小倉村にあった二つの神社が合祀されてできた神社


散歩日記
小倉村にあった二つの神社が合祀されてできた神社小倉神社(川崎市)小倉村にあった天王社と八幡社が合祀されできた「小倉神社(川崎市)」。 二社が...
散歩日記
八幡信仰 川崎市 祇園信仰 神社
2020-10-27 16:20:07

「海幸彦と山幸彦の神話」で語られる、西野神社主祭神・豊玉姫命


西野神社 社務日誌
当社の御本殿でお祀りしている神様は、豊玉姫命(トヨタマヒメノミコト)様、鵜草葺不合命(ウガヤフキアエズノミコト)様、譽田別命(ホンダワケノミ...
西野神社 社務日誌
神社
2020-10-27 16:00:07

猿田彦大神


kotoshironushiのブログ
猿田彦大神の本名を伝える神社とは最澄が開山したあの神社だった。https://kouratamadare.com/%e7%8c%bf%e7%94%b0%e5%bd%a6%e5%a4%a7%e7%a5%9e猿田彦...
kotoshironushiのブログ
神社
2020-10-27 15:20:05

大宮氷川女体神社と住宅地の鳥居と全国一の宮の御朱印帳を買った話


神社、仏閣めぐりでパワースポットへー東京、埼玉の旅
今まで、知らなかったのですが、武蔵国の一の宮は、大宮氷川神社だけと思っていました。 大宮氷川神社は数え切れないほど参拝していたのですが。 そう...
神社、仏閣めぐりでパワースポットへー東京、埼玉の旅
御朱印 神社
2020-10-27 14:44:01

三笠神社(神奈川県横須賀市・戦艦「三笠」内)


御朱印(神社・仏閣)
日露戦争の日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を撃滅し、世界に轟く大勝利を挙げた東郷平八郎率いる連合艦隊の旗艦・三笠(神奈川県横須賀市)。 今...
御朱印(神社・仏閣)
寺社仏閣(御朱印) 歴史(日本史) 神社
2020-10-27 14:40:11

【静岡】新たにいただけるようになった白羽神社・駒形神社のステキな【見開き御朱印】~追加掲載版~


~ Destiny 癒しの御朱印巡り ~
【静岡】静岡県御前崎市白羽の白羽神社のステキな【見開き御朱印】     新たな見開き御朱印がいただけます 【白羽神社 御朱印】 ...
~ Destiny 癒しの御朱印巡り ~
御朱印 神社
2020-10-27 14:24:11

明智城/天龍寺


車で行く寺社仏塔とA級B級すぽっと!
花フェスタ記念公園は行ったのなら、今話題の明智光秀にちなんだお寺へ寄るのがトレンド。というより、「明智城、天龍寺へ車で行くときは花フェスタ記...
車で行く寺社仏塔とA級B級すぽっと!
お寺 岐阜県
2020-10-27 02:21:01
;