住吉大社の紹介5 大海神社の詳細

住吉大社の紹介5 大海神社
みどりの木のブログ
ページの情報
記事タイトル 住吉大社の紹介5 大海神社
概要

昨日の続きです。今日は住吉神社より前にあった、津守氏の氏神様を祀る大海神社の紹介です。 神宮寺跡から大海神社の入口門です。下図会の①から見たところです。ここでも外人の方がベンチで休憩していました。 宝永1710年頃の摂津名所図会です。もとは白黒ですがガイドさん…… more の仲間が着色してます。大海神社の周囲は堀がありましたが、上の写真のように今はありません。 住吉大社の案内板です。(今回この図の①②は関係ありません) 大海神社は津守氏の氏神様でした。  津守氏の朝廷の住吉社に対する崇敬は厚く、天武天皇の奉幣をはじめ、歴代天皇皇族の行幸啓、神宝の奉納などがあいついだ。南北朝期、住吉神社の神職は南朝方に尽くし、南朝・後村上天皇は、内乱に際して前後九年間、住吉社に南朝行在所を置いたことは有名である。 住吉神社の神主家津守氏は、天火明命五世の孫・建筒草命を祖とし、摂津住吉神社の神主として歴代奉仕しました。系譜的には、尾張の熱田神宮の尾張氏と同族の関係になります。 日本書紀によれば、田裳見宿禰が神功皇后の軍船を誘導して功があったとされ、その子豊吾田が津守連を賜り、これが津守連の祖であるとされています。平安期になると、歴代の神主国基は箏の上手で歌人としても知られています。かれはまた、藤井神主を称し、高砂御厨の検校も務めた。その子宣基は阿波守・河内守に任じ、鳥羽上皇の北面に仕えました。神主職は弟の広基が務め島崎神主を称した。『平家物語』を見ると、住吉神社神主として、津守長盛の名があります。かれはまた、後白河上皇の北面にも仕えていました。 鎌倉時代初期の神主、経国・国平父子はともに、歌人であり笛の上手として知られます。以後、津守氏は住吉神社の神主を務めながら、歴代の院の北面としても仕えていたことが系図に記されています。すなわち、津守氏は神職としての側面を持ちながら、武士としての側面も持っていました。そして、南北朝期に至ると、南朝方武将の一人として活躍しています。津守氏は宗家はもとより、一族からも、歌人や楽器の名手などが多く輩出しました。 その後も、津守氏は住吉神社の神主家として連綿と家系がつづき、明治になると男爵を授けられて華族に列しました。男爵は一番下の爵位ですが、2020石しかない住吉大社の宮司が、当時は1万石並みの大名扱いでした。 住吉大社から南に200mほどの所にある、津守氏歴代の館跡です。南北朝時代の9年間は南朝後村上天皇の行宮となり、後村上天皇はこの地で崩御しました。南朝の次の天皇慶長天皇がここで即位しています。また、大阪冬の陣では一時徳川家康の本陣となりました。 明治17年(1884年)7月8日に、津守国美が、男爵を授爵しました。1990年に孫の純一さんが亡くなり、津守家は残念ながら絶家となりました。再興されるといいですね。津守という名字は大阪に数百家ありますが、津守という地名が出きて後に、神職家と無縁ですが、名字とした家も多いといいます。 ②の所に行きました。ここで紹介1で書いた、海彦・山彦の話がありました。この大海神社の祭神は豊玉彦命とその娘の豊玉姫命です。豊玉彦命は海の中にいた海の神様です。釣針を捜しに来た山彦と豊玉姫命は結ばれます。山彦は豊玉彦命からもらった、津波を起こす玉で、兄弟の海彦を倒して、2人の孫かひ孫が第1代目の神武天皇になります。 左端の指はボランティアガイドさんの指です。 ②から見た③方向です。扉の隙間から撮影しました。図会②から③方向の写真です。ズームUPすると古代は砂浜だったのですが、埋め立てが進んでもう海が見えません。 この反対側が大海神社拝殿です。ここも台風で屋根の檜皮が傷んでいます。近づくと大海神社です。 今日はここまでです。明日に続きます。 読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。希望があれば、相互登録します。相互アメンバーも募集中です。毎日午後8時半頃に更新しています。「相手わかるように」に設定して登録してください。読者のブログ村・ブログランキングを出来るだけ押しに行きます。 Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。 お手数ですが、よろしく。ぽちっと押すだけ                                                                                                                                                                                                                                                               お願いします。 close

住吉大社の紹介5 大海神社
サイト名 みどりの木のブログ
タグ 神社
投稿日時 2018-10-12 02:00:08

「住吉大社の紹介5 大海神社」関連ページ一覧

新着記事一覧

月讀神社は月の神秘の力と地元の方に愛される麻生総鎮守★神奈川県


下川友子オフィシャルブログ「あなたに神様の光がとどきますように・・・☆」
★神奈川県のパワースポット★さてさて、たまプラーザ駅から柿01 柿生駅前行にのって、花島バス停下車。※小田急線柿生駅北口→柿22,23,25系統「亀井橋」...
下川友子オフィシャルブログ「あなたに神様の光がとどきますように・・・☆」
神社
2019-02-20 02:20:05

榛名神社の御姿岩(続)・ご神体の瞳に見つめられる?


神秘と感動の絶景を探し歩いて  Beautiful superb view of Japan
群馬県高崎市の榛名山。頂上の榛名湖です。今頃は全面が凍っているでしょう。その山腹にある榛名神社は、深山幽谷に奇岩が林立するお社です。群馬最強...
神秘と感動の絶景を探し歩いて  Beautiful superb view of Japan
巨石・磐座 神社
2019-02-20 02:00:07

宇都宮二荒山神社@栃木


マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~
◆名称 宇都宮二荒山神社(うつのみやふたあらやまじんじゃ) ◆御祭神 豊城入彦命(とよきいりひこのみこと) ◆所在地 宇都宮市馬場通り1丁目 東武...
マッハ墨朱&絵馬による布陣(仮)~御朱印ブログ~
栃木 [神社] 神社
2019-02-20 01:40:05

”『池上本門寺』白梅;樹木に【明王様】出現”


❁【摩訶不思議の世界シリーズ】〚未曾有(みぞう)写真〛 《峠の祥龍》
 ✨✨✨ 都市伝説ランキング  参加中❢❢〖画像〗クリックして戴き~御支援の程、お願い申し上げます。    此の画像は、〖白糸の滝(静岡県)...
❁【摩訶不思議の世界シリーズ】〚未曾有(みぞう)写真〛 《峠の祥龍》
お寺
2019-02-20 01:21:03

定泉寺(田谷の洞窟)の御朱印 〜地理的に観光寺になれないかも? でも楽しい! 行きましょう! - 御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth


御朱印(神社・仏閣)
▼田谷山 定泉寺(真言宗大覚寺派・横浜市栄区田谷町)の御朱印です。 境内はフリーです。 有料の洞窟拝観受付のおネェさんに朱印帳を預け、洞窟を出て...
御朱印(神社・仏閣)
お寺 御朱印
2019-02-20 01:04:01

極楽浄土を模した庭園「法金剛院」の御朱印(京都市右京区)


歴史めぐり 御朱印好きのあちこち紀行
法金剛院の御朱印嵐山からほど近い関西花の寺第十三番の法金剛院を参拝寺名の下のお花が可愛い境内に入ると紅葉が真っ盛りでした12月に京都の紅葉が...
歴史めぐり 御朱印好きのあちこち紀行
お寺 京都府の寺院 御朱印 御朱印
2019-02-20 01:01:02

綱敷天満宮(兵庫県神戸市須磨区)の紹介と御朱印 - たけの旅日記


御朱印(神社・仏閣)
どうもすみません、たけです。   今回は、兵庫県神戸市須磨区にある綱敷(つなしき)天満宮を紹介します! 今の時期(2月下旬~3月)は梅も見られる神...
御朱印(神社・仏閣)
御朱印 神社
2019-02-20 00:44:00

2月17日 水堂須佐男神社(尼崎市)でいただいた御朱印


古都の寺院の隠された真実を求めて
この日は、水堂須佐男神社に、お詣りさせてもらい通常の押し花御朱印と今月来月限定の梅の花の印の入った御神詠の御朱印を書いていただきました。
古都の寺院の隠された真実を求めて
御朱印 神社
2019-02-20 00:25:03

下多良神社


日々史跡めぐり
米原市下多良に鎮座する下多良神社。 由緒によると御祭神は 素戔鳴尊、古くは祇園社といい、下多良村の産土神であったといいます。     御祭神 素...
日々史跡めぐり
神社
2019-02-19 16:40:05

平和を祈ります.内宮さんの参道。寒桜が咲いていましたヒマラヤザクラですかね?....


フォトダマ
View this post on Instagram 平和を祈ります . 内宮さんの参道。 寒桜が咲いていました ヒマラヤザクラですかね? . Cherry flowers we...
フォトダマ
神社
2019-02-19 16:00:04
;