胡宮神社と敏満寺・織田信長の焼打ちに残った磐座の詳細

胡宮神社と敏満寺・織田信長の焼打ちに残った磐座
神秘と感動の絶景を探し歩いて  Beautiful superb view of Japan
ページの情報
記事タイトル 胡宮神社と敏満寺・織田信長の焼打ちに残った磐座
概要

織田信長と聞けば、中世史にあまり縁のない私でも、いろいろな感慨が湧いてきます。安土城のあった滋賀県の湖東地域には、織田信長の足跡が今もあちこちに残っていました。(安土城の復元模型 ウィキペディアより)さて、中世には48伽藍120坊を抱える巨大寺院で、石垣・土塁・櫓台などで城塞化し…… more ていたと聞けば、もはや戦国大名の有力武将クラスの実力でしょうか。しかしそんな戦力があれば、どの勢力に味方するかで、間違いなく戦乱に巻き込まれるでしょうね。この井戸と石積みをご覧ください。ここは、名神高速道路の多賀サービスエリアに接する敏満寺です。700年続いた名刹でしたが、比叡山側だったため、織田信長によって元亀三年(1572年)に焼かれました。次の年、胡宮神社の境内として整備された時に、散乱していた五輪塔や焼石が古井戸に投げ込まれます。そして長い年月が経ち、平成の世になってやっと古井戸が掘り返され、当時の石や五輪塔が積まれたのが、この塚なのです。ただの乱雑な石積みに見えましたが、そのひとつひとつが450年前の戦乱の当事者だったとは・・・・。石積みの向こうに、織田信長の幻が見えた気がしました。  ☆胡宮神社は、敏満寺の鎮守神として栄えたお社です。中世には多賀大社の末社とも奥宮ともされ、多賀大社と同じイザナギ神・イザナミ神を祀り、延命長寿の御利益があるといわれます。これは、参拝客でにぎわう多賀大社です。またさらに古くは、背後の青龍山(せいりゅうざん)の巨石・磐座信仰が起源とされるお社でした。信長は、胡宮神社の磐座までは破壊しなかったようです。今日はその磐座を目指して、古井戸のすぐ隣に鎮座する胡宮神社にお参りをしてから、山道に入ります。しばらく急な坂を登り、息が切れてきた頃に、「御池」の看板がありました。さらに急な山道を登ると、頂上近くの斜面に、目指す磐座が見えました。不思議な方向性のある、堂々とした巨岩です。もう少し麓に近ければ、安土城の石垣として根こそぎ持って行かれたかもしれませんね。日本の伝統信仰を物語る磐座として、戦国の動乱を生き抜くことができて良かったです。  ☆イザナギ・イザナミを祀る多賀大社の奥の院が、胡宮神社だとする説があります。もしそれが事実なら、国生み神話の昔に、イザナギ・イザナミ両神をこの岩に祀った可能性も出てきます。兵庫県淡路市多賀、つまり淡路島の多賀に鎮座する伊弉諾神宮もイザナギ・イザナミ両神を祀っていることは、以前の記事で紹介しました。ところが湖東の多賀大社にも、淡路島の伊弉諾神宮にも、これといって目立つ磐座はありません。一方、イザナギ神を祀る三重県熊野市有馬町の花の窟神社には、明らかに原始神道期からの巨大な磐座信仰が見られます。ひょっとすると、胡宮神社の磐座も、花の窟神社同様に、国生み神話にかかわる原始信仰の場ではなかったのか・・・どうもそんな気がしてなりません。取材とネタに苦労しておりますが、三つクリックしていただくと大変励みになります。よろしくお願いいたします(^_^)/~にほんブログ村神社・仏閣ランキング close

胡宮神社と敏満寺・織田信長の焼打ちに残った磐座
サイト名 神秘と感動の絶景を探し歩いて  Beautiful superb view of Japan
タグ お寺 巨石・磐座 神社
投稿日時 2019-07-12 01:40:03

「胡宮神社と敏満寺・織田信長の焼打ちに残った磐座」関連ページ一覧

新着記事一覧

石浜神社 - 奈良時代後期創建・荒川区内で最も古い神社


散歩日記
奈良時代後期創建・荒川区内で最も古い神社石浜神社奈良時代後期創建・江戸有数の景勝地として賑わっていたと伝わる「石浜神社」。 724年(神亀元年)...
散歩日記
伊勢信仰 御朱印 浅草名所七福神 源頼朝 神社 荒川区
2019-07-19 15:40:05

世界文化遺産 紀伊国一宮『丹生都比売神社』@和歌山県(おまけ)


SERUNAさんちのあじふらい
検索でいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。→ http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2758.html神社から少し歩いたところに『お...
SERUNAさんちのあじふらい
歴史のあしあと 神社
2019-07-19 15:20:05

永観堂の御朱印(京都市)〜顧みなければならないのは自分自身 - 御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth


御朱印(神社・仏閣)
▼聖衆来迎山 無量寿院 禅林寺「永観堂」の御朱印です。 (浄土宗西山禅林寺派・京都市左京区永観堂町) 永観堂では禅林寺として複数の御朱印をいただ...
御朱印(神社・仏閣)
御朱印
2019-07-19 14:44:01

【御朱印なし】函館市(旧南茅部町)安浦町 安浦稲荷神社 - 藻岩颪に豊河の流れ。


御朱印(神社・仏閣)
安浦稲荷神社(やすうらいなりじんじゃ)は北海道函館市安浦町296番地4にある神社で旧社格は村社。御祭神は倉稲魂命(うがのみたまのみこと)で例祭日は...
御朱印(神社・仏閣)
御朱印 神社
2019-07-19 14:40:05

【兵庫】播磨之国「鹿嶋神社」のステキな新作【御朱印帳】&【御朱印】


~ Destiny 癒しの御朱印巡り ~
【兵庫】兵庫県高砂市阿弥陀町の鹿嶋神社のステキな新作【御朱印帳】 【鹿嶋神社 御朱印帳】(大判サイズ) 鹿嶋神社のチタンで建立された...
~ Destiny 癒しの御朱印巡り ~
御朱印 神社
2019-07-19 14:24:25

【緊急告知】教法院(京都市)のお盆限定特別御朱印の申し込みは8月12日まで


古都の寺院の隠された真実を求めて
昨日、法話の会に参加させてもらった時に直書き五山送り火の申し込みを今年もさせてもらいましたが教法院のインスタグラム等に申込み締切は8月12日迄...
古都の寺院の隠された真実を求めて
お寺 御朱印
2019-07-19 14:21:00

鎌倉・五所神社~例大祭(乱材祭)2019年~(5)三ツ目神楽


湘南鎌倉寺社巡礼
一日目の宵宮、二日目の本祭に続く三日目に奉納されるのが、三ツ目神楽です。鎌倉神楽として現在に残る演目十二座のうち、打囃(うちはやし)、初能(...
湘南鎌倉寺社巡礼
年中行事 神社
2019-07-19 04:40:06

7月18日 教法院(京都市)の法話の会に参加していただいた御首題


古都の寺院の隠された真実を求めて
本日は、最後に立本寺塔頭の教法院で開催された法話の会に事前に予約を入れて参加させてもらい二巡目の仏画入り御首題の続きを書いていただきました。...
古都の寺院の隠された真実を求めて
お寺
2019-07-19 01:21:00

広大さに驚いた「橿原神宮」の御朱印 (奈良県橿原市)


歴史めぐり 御朱印好きのあちこち紀行
室生寺からバスに揺られ最寄り駅に到着そこから電車に乗り途中乗り換える事1回次に到着したのは橿原神宮駅駅のロッカーにリュックサックを預け徒歩で...
歴史めぐり 御朱印好きのあちこち紀行
奈良県の神社 御朱印 御朱印 神社
2019-07-19 00:44:04

「 奈良大和四寺のみほとけ」(東京国立博物館)


いにしえに恋こがれて~温故知新
「 奈良大和四寺のみほとけ」(東京国立博物館 本館11室)を見てきました。この日、東博での一番の目的はこちらでした奈良県北東部に所在する岡寺、室生...
いにしえに恋こがれて~温故知新
お寺
2019-07-19 00:41:31

津山へ まずは美作国二宮『高野神社』


しあわせ歴史ドライブ(元九段で働くママの日記)
岡山県津山市へ行って来ました古代の美作国の中心です(713年和銅6年備前国から美作国が分立)まず向かったのは中国自動車道の院庄ICから近い美作国二...
しあわせ歴史ドライブ(元九段で働くママの日記)
神社
2019-07-19 00:40:15

7月18日 梛神社(京都市)でいただいた前祭書き置き御朱印


古都の寺院の隠された真実を求めて
本日は梛神社も、お詣りさせてもらいました。前祭の書き置き御朱印の授与は昨日まででしたが本日から20日まで希望があれば授与していただけるとの事で...
古都の寺院の隠された真実を求めて
御朱印 神社
2019-07-19 00:24:08
;