石巻の羽黒山鳥屋神社と田道将軍の詳細

石巻の羽黒山鳥屋神社と田道将軍
秩父・仙台まほろばの道
ページの情報
記事タイトル 石巻の羽黒山鳥屋神社と田道将軍
概要

初めてひとりで石巻までドライブしてきました。  「はじめてのおつかい」みたいな感じで、 大丈夫かな、という不安が。笑 石巻方面は震災の被害が大きかったこともあり、 海側はまだ工事中のところが多く、 トラックも多いから運転がちょっと怖いのです。 ずっと一人で行くことを避けていた石巻…… more なのですが、 全然、問題なかったよー(そりゃそうだ) 成長したな~。笑 でもちょっと震災のトラウマがあり、 海側を走るのは、やっぱり怖いですね。  あの映像がフラッシュバックするんです。 コンクリートの壁をみると、黒い波の映像を思い出してしまう。 私は津波被害にあっていないのですが、実際、ここで起こったんだな、と思うと やっぱり怖いものです。 近くに住まわれてる方が不安になる気持がわかります。 県南を走っている時もそうですが、「津波到達区域」の看板が 特に目立つんですね。 津波が一瞬よぎるので、 少し時間かかっても海側は走らないことにしてます。 なのに、帰りは近道して海側を走とったわ。。。 石巻はほとんど探訪していないので、これから石巻探訪をしようかな、 と思うようになりました。 この前、マップをみていたら、「羽黒山」という名の公園を発見。 そこに神社がまつられていることを知り、その名前から、 こりゃ、角田の鳥屋嶺神社と同じではないの!? と、思い、 早速行ってみました。 小高い山があり、その山頂に祀られている「鳥屋神社」なのですが、  「鰐山(わにやま)」ともいうのです。 ああ、そうだった。 和邇氏だった。 日和山にいた葛西氏の時に、妄想した話しです。 由来--------------------------------------- 『鳥屋神社は、仁徳天皇五十五年東夷御征討の折り、 伊勢神宮内宮末社猿田彦大神に御勅願あり、 無事、東奥伊寺之水門鳥屋岬に着船し、  官軍、しばしば利あり、因って当地に祀ったという。 山下町にある鳥屋崎神社とともに、 式内社・鳥屋神社の論社の一つである古社。 一説には、山下町にある鳥屋崎神社が当社の奥宮であるという。  後、文治二年(1186)藤原秀衡が羽州羽黒山より 分霊し羽黒神社を勧請した。 境内には幾つかの境内社があり、 参道の脇にも、それらしき祠もある。  『平成祭データ』には、境内社として 八幡神社、水神宮、大井戸神社の名前が載っている。  本社社殿の右手に鳥居が建っており 扁額に「水神宮 龍神宮」と刻まれていて 石祠が並んでいたが、 これが縦に並んでいて面白い。  他所ではあまり見ない配置だ。』 ※玄松子より ということなのですが、入口にあった龍の頭が崩れてました・・・ 地震で壊れたままなのでしょうか。  ちょっとねぇ。 切ない気持になります。 鳥屋の「トヤ」と、羽黒山の二つが成立しているとの事。 1186年に、藤原秀衡が羽黒山よりご分霊を勧請されたと言われ、 羽黒大権現を祀っていると。 (倒れたまま) 「伊寺之水門」とは、上毛野田道が蝦夷により征伐されたのが、 石巻で「蛇田」という地名があるように、このあたりとされている。 田道将軍の墓をほったら大蛇がたくさん出て来て、エミシはその怨霊をうけた。 という話しになっていました。 八幡神社 ---------------------------------------- ところで、石巻の巻は「龍巻(たつまき)」の巻かもしれない。  牧山は、元は、「龍巻山」と呼ばれていたのですが、龍をとって巻山になったという話。 巻山→牧山。 他にも、「伊寺の牧」から、「いじのマギ」という濁りがあった説もあります。 ところで、龍と出くわすことが多いです。シンクロが多いんですが。 何かあるんだろう、と思っていたところで、石巻探訪にエンジンかかったので、 やっぱり龍なのかもしれない。 ですが、さっぱりわかりませんけど、国津神=龍・蛇信仰という単純ですけど、 そんな図式なのかな? 石巻は、巻きあがるところなのでしょう・・・。 いろんな部分で、巻いたり、巻かれたり。 巻かれる方が強い場所の印象があります。 巻かれたら、巻かれっぱなしになりそうなほど、強いイメージがあるので、 抽象的ですが、石巻は一人で行くのに勇気がいるという事も確かにありました。 でも昨年、主人と行った時より、ずっと良くなっているというか、 天気も良かったからか、明るい感じがしました。 こんなに動きやすくなるとは思わなかったです! ようやく石巻が身近に感じられるようになりました。 さて、由来にあるように、「猿田彦大神」という点で、 角田の鳥屋嶺神社と同じ、と思うのです。 和邇氏は、ヒタカミをめざして阿武隈川から上陸したと思います。 岩沼~名取までいって、多賀城から北上川にそって石巻方面へ。 まず、角田の鳥屋嶺神社(とやみね)ですが、 伊具の古代史によれば、鳥屋嶺神社が阿武隈川のそばにあります。 ※角田の鳥屋嶺神社 中央に、ウガヤフキアエズ、左:猿田彦命 右:ウカノミタマ。 の三神を祀っていました。 阿武隈川に上陸したニニギを先導する猿田彦命としているので、 鳥屋嶺神社も猿田彦命を祀っています。 角田には、ニニギを祀る熱日高彦神社がありますので。  同じく、鹿島神、香取神もあります。 石巻にも日和山に、鹿島御児神社を祀っているので、 石巻と角田は、同じ豪族(和邇氏)がいたと思います。 おそらく、斗蔵山が本来、国津神(妙見信仰)であったと思われるので、 海側には天津神のニニギを祀るようにしたのだと思います。 鳥屋嶺神社(とやみね)の鳥は、トリではなく、本来は烏(う)の方でしょう。 鵜戸神社のウド。 または、「カラス」の「う」 なので、石巻の羽黒山の鳥屋神社も「烏」の方だと思います。 ウガヤフキアエズだから、「鵜戸」なのですが、 巻はウガヤのように、蛇が巻いているのだから、石巻なんだと思います。 鵜戸神社は天孫降臨の舞台となっている日向(宮崎県)にあり、 由来は、ウガヤフキアエズが出産した所で、 豊玉姫の産屋があったと伝わる。 産屋から、真野の萱にも繋がります。 しかし、これは開拓の歴史を伝えるものでしょう。  おそらく、「沼」の地形があった場所に、「うとう」という名をもたらして いるのだと思います。 青森県のウトウ神社の由来を読むとわかります。 その沼地というのは、開拓にあったと思います。 ※田道将軍 石巻に上毛田道に関連する伊寺之水門というのも、ウカノミタマに関係するようです。 亘理町に、「石間稲荷神社」があり、同じく祭神は、宇加之御魂神(うかのみたま)です。 ここにも「伊寺之水門」伝承があるのです。 『797年征夷大将軍となった坂上田村麻呂が蝦夷征伐の折り、 この地で討伐の犠牲になった先人の将軍上毛野田道(第十代崇神天皇の皇孫) をはじめ、 土地の豪族や住民達の弔意のために、伊治水門(石間山) に石合稲荷(現在の石間稲荷神社)を勧請(神様の分霊を祀る)し、   椿山に観音堂を祀り、その後神社境内に移転。 武運長久や開拓の安全を祈願したと 伝えられています。』 ※石間稲荷神社 遺跡があったところで、角田の鳥屋嶺神社も縄文遺跡があります。 海民は渡来して川を下って上陸。 東北地方の開拓を早くにおこなってきた豪族では、上毛野氏とされます。(出雲の後) 上毛野は下毛野とあるように北関東地方です。  ※千葉県にも伊寺之水門説があり。 県南に多い前方後円墳なり、円墳は、当時開拓にきた 上毛野氏に関係する豪族たちなのではないか、と思います。 あと多氏ね~。 田道将軍が眉間(みけん)に矢を射られて亡くなった為と伝わるのですが、 平将門も、こめかみが弱いという。 これは、「弟三の目」といわれる松果体のことを差すのです。 (眉間の奥にある部分は松果体) 覚醒なり、超能力的な精神を失ったという意味で、殺された意味ではないでしょう。  石巻の「蛇田」は、田道将軍が矢を射られて亡くなったという話しなので、 角田~亘理~石巻という道が、田道将軍の痕跡を伝えているようです。 亘理町など当時は、弥生時代頃から古くはすぐ側まで海があり、  葦の湿原が広がっていたそうです。  ヨシという和名があり、「豊葦原国」とよばれていました。   馬人が隠れるくらいの生い茂る葦の湿原のことで、平安時代までは、  西の方ではアシとよばれました。 しかし、アシが悪しを想像させるため、良しのヨシに変化したそうです。   葦の湿原は、浄化作用があると聞いた事がある。 北上川も湿地帯が広がっていたので、同じような伝承があるのです。 ちなみに、角田に「高魂神社」がありますが、 こちらも、ウガヤを祀っています。 ※角田:高魂神社 御祭神として高皇産霊尊・天津日髙日子波瀲建?草葺不合尊 (ウガヤフキアエズ)、神日本磐余彦尊・玉依姫命。 神社正面には、山元町の「深山」があるので、 三輪信仰があったと思います。 深山「みやま」と読まして、三輪山=みわ。 なので、蛇なんだと思います。  地球のクンダリーニは、たくさんあるという事。 牧山も三輪信仰があったのかどうかわかりませんが、 それにしても坂上田村麻呂伝承がとても多い所ですね。 柵を設けられたエミシ征伐の最前線ですから。 田道将軍は、青森県の「猿賀神社」に祀られています。  同じく、ウケモチ(保食神)も祀っています。 ハイヌヴェレみたいなんですよね。 ----------------------------------------- もうちょっと続けますが、猿賀神社の由来より、田道将軍は、秋田県鹿角の猿賀で没したので、 奉られたそうです。  そういえば、秋田県鹿角へ行った時に、猿賀神社のことをちょっと書いてました。 『上毛野田道将軍を祀っている神社で、猿田彦神がご祭神。   青森県の大社、猿賀神社は、この鹿角からご神体が流れついたものを 祀ったとも伝えられている。』 ご神体が鹿角から青森県の猿賀神社へ流れついた? 鹿角は、大湯環状列石が近くにある場所です。 ※ストーンサークル むむー、 「龍の復活」というタイトルで、十和田湖へ行っていた話しでした。 八郎太郎の伝承。 八郎太郎は、夏の陽を司る。  辰子姫は、冬の陰を司る。 やっぱり石巻になると、過ぎ越という儀式がリンクしてしまいます。  「ペサハ」とよぶ。 春分の日に沈む山が、茂谷山なのです。  これが、ペサハの由来なのでは? 神聖な意味があっての山なんですね。 上毛野田道=蛇=春分の日(マヤのピラミッドに現れる蛇) ということは、田道将軍はエジプシャンのように、 田道将軍の霊(魂)を復活させる意図があったのかもしれない。 そのため、エミシが墓を荒らしたという話になっている。 荒らしたのではなく、復活祭だったら? そのような話をつくったのが、和邇氏だったりして。妄想。 上毛野氏は、荒田別という人物の遠祖とされ、新羅の珍物について 朝鮮へいった人です。  荒田別は、百済に派遣され、王仁(ワニ)を連れて帰って来た人なんです。 王仁=和邇だったので、涌谷町の金がとれた話しも百済ですから、 ここから繋がっている話しですね。 なにかと鹿角はすごいんだけど、そこに上毛野田道伝承があり、 大蛇であり、龍がバックにおり、矢を射られるのです。 そして、羽黒山の龍は、頭が壊れていた。 ああ、力ない龍が・・・。 目が訴えているみたい。 龍もどうしてよいかわからないのです。  震災後の神社へいくと、考え方が変わります。 神様にお願いすることでは、ないのだな。 我こそは龍と仲良しよ!という方がおりましたら、行ってあげてください。 石巻駅から歩いてもいけますよ~。 おまけ------------------------------------------- 他にもお稲荷さん?と馬頭観音堂。 たぶん、稲荷社 馬頭観音の石碑がたくさんありました。 馬を祀っているから、そのまんまニンジンがお供えしてありました。 次は、ようやく行けた東松島のお寺へ。 close

石巻の羽黒山鳥屋神社と田道将軍
サイト名 秩父・仙台まほろばの道
タグ 東北地方の伝説(宮城県) 神社
投稿日時 2019-07-12 02:40:06

「石巻の羽黒山鳥屋神社と田道将軍」関連ページ一覧

新着記事一覧

石浜神社 - 奈良時代後期創建・荒川区内で最も古い神社


散歩日記
奈良時代後期創建・荒川区内で最も古い神社石浜神社奈良時代後期創建・江戸有数の景勝地として賑わっていたと伝わる「石浜神社」。 724年(神亀元年)...
散歩日記
伊勢信仰 御朱印 浅草名所七福神 源頼朝 神社 荒川区
2019-07-19 15:40:05

世界文化遺産 紀伊国一宮『丹生都比売神社』@和歌山県(おまけ)


SERUNAさんちのあじふらい
検索でいきなりココに辿り着いた人は、その1からどうぞ。→ http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-2758.html神社から少し歩いたところに『お...
SERUNAさんちのあじふらい
歴史のあしあと 神社
2019-07-19 15:20:05

永観堂の御朱印(京都市)〜顧みなければならないのは自分自身 - 御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth


御朱印(神社・仏閣)
▼聖衆来迎山 無量寿院 禅林寺「永観堂」の御朱印です。 (浄土宗西山禅林寺派・京都市左京区永観堂町) 永観堂では禅林寺として複数の御朱印をいただ...
御朱印(神社・仏閣)
御朱印
2019-07-19 14:44:01

【御朱印なし】函館市(旧南茅部町)安浦町 安浦稲荷神社 - 藻岩颪に豊河の流れ。


御朱印(神社・仏閣)
安浦稲荷神社(やすうらいなりじんじゃ)は北海道函館市安浦町296番地4にある神社で旧社格は村社。御祭神は倉稲魂命(うがのみたまのみこと)で例祭日は...
御朱印(神社・仏閣)
御朱印 神社
2019-07-19 14:40:05

【兵庫】播磨之国「鹿嶋神社」のステキな新作【御朱印帳】&【御朱印】


~ Destiny 癒しの御朱印巡り ~
【兵庫】兵庫県高砂市阿弥陀町の鹿嶋神社のステキな新作【御朱印帳】 【鹿嶋神社 御朱印帳】(大判サイズ) 鹿嶋神社のチタンで建立された...
~ Destiny 癒しの御朱印巡り ~
御朱印 神社
2019-07-19 14:24:25

【緊急告知】教法院(京都市)のお盆限定特別御朱印の申し込みは8月12日まで


古都の寺院の隠された真実を求めて
昨日、法話の会に参加させてもらった時に直書き五山送り火の申し込みを今年もさせてもらいましたが教法院のインスタグラム等に申込み締切は8月12日迄...
古都の寺院の隠された真実を求めて
お寺 御朱印
2019-07-19 14:21:00

鎌倉・五所神社~例大祭(乱材祭)2019年~(5)三ツ目神楽


湘南鎌倉寺社巡礼
一日目の宵宮、二日目の本祭に続く三日目に奉納されるのが、三ツ目神楽です。鎌倉神楽として現在に残る演目十二座のうち、打囃(うちはやし)、初能(...
湘南鎌倉寺社巡礼
年中行事 神社
2019-07-19 04:40:06

7月18日 教法院(京都市)の法話の会に参加していただいた御首題


古都の寺院の隠された真実を求めて
本日は、最後に立本寺塔頭の教法院で開催された法話の会に事前に予約を入れて参加させてもらい二巡目の仏画入り御首題の続きを書いていただきました。...
古都の寺院の隠された真実を求めて
お寺
2019-07-19 01:21:00

広大さに驚いた「橿原神宮」の御朱印 (奈良県橿原市)


歴史めぐり 御朱印好きのあちこち紀行
室生寺からバスに揺られ最寄り駅に到着そこから電車に乗り途中乗り換える事1回次に到着したのは橿原神宮駅駅のロッカーにリュックサックを預け徒歩で...
歴史めぐり 御朱印好きのあちこち紀行
奈良県の神社 御朱印 御朱印 神社
2019-07-19 00:44:04

「 奈良大和四寺のみほとけ」(東京国立博物館)


いにしえに恋こがれて~温故知新
「 奈良大和四寺のみほとけ」(東京国立博物館 本館11室)を見てきました。この日、東博での一番の目的はこちらでした奈良県北東部に所在する岡寺、室生...
いにしえに恋こがれて~温故知新
お寺
2019-07-19 00:41:31

津山へ まずは美作国二宮『高野神社』


しあわせ歴史ドライブ(元九段で働くママの日記)
岡山県津山市へ行って来ました古代の美作国の中心です(713年和銅6年備前国から美作国が分立)まず向かったのは中国自動車道の院庄ICから近い美作国二...
しあわせ歴史ドライブ(元九段で働くママの日記)
神社
2019-07-19 00:40:15

7月18日 梛神社(京都市)でいただいた前祭書き置き御朱印


古都の寺院の隠された真実を求めて
本日は梛神社も、お詣りさせてもらいました。前祭の書き置き御朱印の授与は昨日まででしたが本日から20日まで希望があれば授与していただけるとの事で...
古都の寺院の隠された真実を求めて
御朱印 神社
2019-07-19 00:24:08
;