宇佐神宮と石清水八幡宮・両社をつなぐ謎の祭祀線上にあったのは?の詳細

宇佐神宮と石清水八幡宮・両社をつなぐ謎の祭祀線上にあったのは?
神秘と感動の絶景を探し歩いて  Beautiful superb view of Japan
ページの情報
記事タイトル 宇佐神宮と石清水八幡宮・両社をつなぐ謎の祭祀線上にあったのは?
概要

「八幡さん」といえば、「お稲荷さん」と並ぶ国民的神社で、4万社を超える全国八幡神社の総本宮が大分県の宇佐神宮です。そして、皇室にとっては伊勢神宮につぐ第二の宗廟(そうびょう)とされる京都府八幡市の石清水八幡宮は、貞観元年(859年)に南都大安寺の僧行教が豊前国の宇佐神宮にて受けた…… more 「われ都近き男山の峯に移座して国家を鎮護せん」との神託により、翌貞観2年(860年)清和天皇が社殿を造営したのが創建とされます。以前の記事『宇佐神宮・石清水八幡宮・鶴岡八幡宮と猿田彦の不思議な関係を発見!』(2018/07/10)では、下の地図を載せました。この時、宇佐神宮と石清水八幡宮をつなぐ直線上、今治市周辺に薄いオレンジ色ポイントを置きました。いったいここには何があったのか?それについては何も説明していなかったので、本日明らかにしたいと思います。  ☆地図上の薄いオレンジ色ポイントにあったのは、やはり石清水八幡神社でした。愛媛県今治市玉川町八幡日坂乙に鎮座するこのお社は、社伝によれば貞観元年(859)河野深躬が勝岡に創建し、勝岡八幡宮と称したといわれます。そして永承年間(1046~53)伊予守・源頼義は当社が衰微していることを嘆き、河野親経と協力して八幡山の現社地に遷したそうです。その時、頼義が社殿を造営するに相応しい地を探し、八幡山に登ったところ、山容が山城国の男山に似ており、北を流れる蒼社川が男山に対する淀川のようであることから、これこそ無二の霊地であると石清水八幡宮に倣って社殿を造営しました。すると忽然として山内から清水が湧出し、これも男山の石清水のようであるとして、社号を石清水八幡宮と改めたと伝えられます。またそれとは違って、旧別当・栄福寺の縁起では、行教上人が宇佐八幡より八幡大神を奉じて山城国の男山に向かう途中、嵐にあって当地の沖を漂流中、望見した八幡山の山容が男山に似ていることから、八幡宮を勧請したとされます。いずれにしろ、名前通り京都の石清水八幡宮と関係が深いことは間違いありません。そのお社が、宇佐神宮と石清水八幡宮をつなぐ線上に位置することは、単なる偶然なのでしょうか?  ☆今治市の石清水八幡神社は、清水小学校の西側約500mに位置し、八幡山を背に参道入口の鳥居が建っています。そして239段の石段を登ると、社殿に到着です。因みに山は「はちまん」で住所は「やわた」。京都の男山に鎮座する石清水八幡宮の住所が八幡市(やわたし)なのと同じですね。さて、これが社殿です。注目すべきは、本殿横の磐座らしき岩石群です。宇佐神宮の奥宮である大元神社には、比売大神が地上に最初に降り立った3つの巨石を祀っていますから、ここにも磐座があることは納得がいきます。床下です。本殿背後にも磐座があり、一部その上に本殿が建っています。  ☆ひょっとすると、宇佐の比売大神は、直線上に位置する磐座を経由して移動するもの、という秘儀があったのでしょうか?それは偶然だろう、と思われた方に、もう一つの事実を示します。宇佐神宮で行われていた6年ごとの行幸会では、新しい御神体の薦枕が薦神社で作られ、宇佐宮本殿(上宮)に納められます。そして上宮の古い薦枕は宇佐神宮の御炊殿(下宮)へ、下宮の古い薦枕はいったん奈多宮に納められた後、海に流された、あるいは愛媛県八幡浜市の八幡神社に行きつくとされています。薦神社・宇佐神宮・奈多宮の三地点を地図上に表すとこうなります。 薦神社です。次に奈多宮。そもそも宇佐の大元神社に秘められた三個の磐座に降臨したのは、宗像三女神です。宗像大社と大島と沖ノ島の三点を結ぶ直線については、何度もこのブログで紹介してきました。とすると、宇佐神宮と今治の石清水八幡神社と石清水八幡宮の三点が直線上にあることも、実は同じ重要な祭祀的理由によるものではなかったのでしょうか。  ☆以前の記事ですが、石清水八幡宮の手前、やはりライン上には、猿田彦神社があります。このお社の由来については、こう書かれていました。八幡大神が男山に登られる際に山崎の地にて一夜御休憩された。翌朝山崎を出発され、猿田彦神がお伴をして大神を男山の峰にご案内申し上げた。その出迎えの場所が現在の猿田彦神社であり、そこに猿田彦を祀る神社が建設された。しっかりと存在感のある、二つの磐座が大切に祀られています。小さな峰の上には、これが。やはり宇佐の比売大神は、直線上の磐座を伝っていました。八幡大神と猿田彦との関係は全く不明です。石清水八幡のホームページには書いてありません。ところが、宇佐にはありました。宇佐神宮の御神幸祭では、上宮での祭典の後、ご神体が三基の神輿に乗り境内の頓宮までご神幸になるのですが、行列の先頭は猿田彦なのです。その背後に蝶・鳥・駒(小学生奉仕)の美しい衣装を付けた前陣と、一文字笠に裃(はかま)を着けた供廻の人達と続き、宮司は輿に乗り、道ばやしの太鼓や笛を打鳴しながら300余人が神輿のお供をします。猿田彦が祭礼の行列の先頭を歩くというのは、決してそう珍しいことではありません。祭りも盛大になるので、他所でもやっているからと付け加えた神社もあるでしょう。しかし宇佐神宮は、日本の神社の始原に関わる古い古い伝統を持つお社です。思いつきで本来無関係な猿田彦を付け加えるようなところではありません。  ☆八幡神を研究されている方はかなりおられると思います。その八幡神の移動経路が直線であることについて、まだ学会で知られていない祭祀的理由があるのではないのか、そのささやかな問題提起になれば幸いです。(必要であれば、写真はコピーして自由にお使いください。)ネタもそろそろ限界ですが、三つクリックしていただくと大変励みになります。よろしくお願いいたします(^_^)/~にほんブログ村神社・仏閣ランキング close

宇佐神宮と石清水八幡宮・両社をつなぐ謎の祭祀線上にあったのは?
サイト名 神秘と感動の絶景を探し歩いて  Beautiful superb view of Japan
タグ 神社
投稿日時 2019-10-11 01:40:04

「宇佐神宮と石清水八幡宮・両社をつなぐ謎の祭祀線上にあったのは?」関連ページ一覧

新着記事一覧

西国第28番「成相寺」の境内で見つけた古い物(京都市宮津市)


歴史めぐり 御朱印好きのあちこち紀行
西国第28番成相寺の御朱印境内にこんなお堂を見つけて左側隅っこには激古な仏様お地蔵様なのかな~?そちら側の少し開かれた障子の中には麗しい孔雀...
歴史めぐり 御朱印好きのあちこち紀行
お寺 西国三十三か所めぐり
2019-10-20 16:21:02

津和野太鼓谷稲成神社に参拝#津和野太鼓谷稲成神社 #宇迦之御魂神 #イザナミノ神 ...


神代出雲邂逅記 
この投稿をInstagramで見る 津和野太鼓谷稲成神社に参拝✨ #津和野太鼓谷稲成神社 #宇迦之御魂神 #イザナミノ神 #津和野 沙久良祐帆さん...
神代出雲邂逅記 
神社
2019-10-20 15:20:04

【京都】ラグビーの聖地で新たにいただける「賀茂御祖神社」 末社 雑太社のステキな【御朱印】


~ Destiny 癒しの御朱印巡り ~
【京都】京都市左京区下鴨泉川町の 賀茂御祖神社(下鴨神社) 末社雑太社只今、ラグビーW杯2019が   開催中     ラグビーW杯を記念し ...
~ Destiny 癒しの御朱印巡り ~
御朱印 神社
2019-10-20 14:44:00

10月18日 三井寺(大津市)でいただいた御朱印


古都の寺院の隠された真実を求めて
この日、三井寺(園城寺)も拝観させてもらい特別拝観はしませんでしたが前回、お詣り出来なかった西国霊場の観音堂も、お詣りさせてもらいました。御朱...
古都の寺院の隠された真実を求めて
お寺 御朱印
2019-10-20 14:41:00

【御朱印】函館市(旧南茅部町)川汲 川汲稲荷神社 - 藻岩颪に豊河の流れ。


御朱印(神社・仏閣)
 川汲稲荷神社(かっくみいなりじんじゃ)は北海道函館市川汲町272にある神社で旧社格は無格社。御祭神は宇迦廼御霊命(うかのみたまのみこと) 、大...
御朱印(神社・仏閣)
御朱印 神社
2019-10-20 14:24:00

長明寺のしだれ桜 2020年の見頃と開花状況は?|日暮里駅周辺の桜


歩いてみたブログ
東京都台東区谷中5丁目に建つ長明寺へ桜を見に行ってきました。 知る人ぞ知る東京のしだれ桜の名所として、見頃の時 […]
歩いてみたブログ
お寺 東京 花・紅葉 花・紅葉
2019-10-20 14:21:05

狛犬たちのモノローグ  File845  新小岩天祖神社  其の参


白獅子・黒狛犬
災害は忘れる間もなくやってくる先日の台風に続いて日本に大変な被害をもたらした台風数多くの被害にあわれた方に心からお見舞いもうしあげます「数十...
白獅子・黒狛犬
狛犬たちのモノローグ 神社
2019-10-20 04:40:15
;