長谷寺、大舞台とデッカイご本尊が待ってますヨ。の詳細

長谷寺、大舞台とデッカイご本尊が待ってますヨ。
土曜日は古寺を歩こう。
ページの情報
記事タイトル 長谷寺、大舞台とデッカイご本尊が待ってますヨ。
概要

(2019.11.06 訪問) 大和路号は近畿道から南阪奈道を経てR165号線を隠国初瀬の地を目指して走っております。恵まれた秋の好天に意外や意外なんて ことでしょう、混んでるはずのクルマがほとんど走っていません。楽チン走行で目指すは長谷寺、本尊大十一面観世音菩薩の足元を …… more お触り出来るとのことで勇躍初瀬の地を目指しているのです。行き違いもままならない細い門前町を大和路号がドンドン行きます、 時折初瀬名物草餅を焼く香りが漂ってきます。             [ 長谷寺 ]             ●山号 豊山 (ぶさん)             ●院号 神楽院 (かぐらいん)             ●寺号 長谷寺 (はせでら)             ●勅願 聖武天皇 (しょうむてんのう)             ●開基 徳道上人 (とくどうしょうにん)             ●開創 伝 神亀四年(727年)             ●宗派 新義真言宗豊山派総本山             ●本尊 十一面観世音菩薩立像 (重文)             ▲拝観料 拝観料 500円 朱印300             ▲拝観時間 9:00~17:00             ▲西国三十三カ所観音霊場第八番札所             ▲http://www.hasedera.or.jp/             ▲奈良県桜井市初瀬731-1 TEL.0744-47-7001             ▲近鉄大阪線「長谷寺駅」を下車、徒歩15分              西名阪自動車道「天理IC] 国道169号線を桜井市内で国道165号線を東進、              初瀬西を左折し門前町へ。                           ▼参道前の寺号石標。 長谷寺縁起 (長谷寺HPから抄出) 朱鳥元年(686年)道明上人は、天武天皇の銅板法華説相図を西の岡に安置、神亀四年(727年)徳道上人は、聖武天皇の勅を奉じて、 衆生のために東の岡に近江高島から流れ出でた霊木を使い、十一面観世音菩薩をお造りになられました。徳道上人は観音信仰にあ つく、西国三十三所観音霊場巡拝の開祖となられた大徳であり、当山は三十三所の根本霊場と呼ばれてきました。現在の長谷寺は、 真言宗豊山派の総本山として、西国三十三観音霊場第八番札所として多くの人々の信仰をあつめています。 ▼参道。 ▼仁王門。三間一戸、重層楼門、入母屋造、本瓦葺。初層左右に金剛力士安置。 ▼寺号長谷寺と書かれた仁王門扁額。 ▼登廊 (のぼりろう)。108間、399段、上中下の三廊に分かれています。長歴3年 (1039年) 建造。 ▼名花も今は充電中。 ▼登廊登りきったところに本堂。早速大舞台へ。         ▼振り向けば大扁額。大悲閣と書かれています。                                    ▼本尊十一面観世音菩薩立像が見えますネ。流石に大きい本尊、像高10.18m、木造、天文7年(1538年)再興。  通常の十一面観音像と異なり、右手に数珠と地蔵菩薩が持つ錫杖を持ち、左手に通常の十一面観音像と同じ水瓶を持っている姿  です。錫杖を持った十一面観音は「長谷寺式十一面観音」と呼ばれています。 ▼本堂大舞台から本坊遠望。             ▼舞台から秋色に染まる五重塔。             ▼五重塔をほぼ下から仰ぎます。青空に映えますネ。              塔高 31.39m、桧皮葺、昭和29年( 1954年)建立。 ▼小高い丘の上に一切経蔵。方3間、宝形造、本瓦葺。残念ながら内部は窺うことは出来ません。 ▼弘法大師御影堂。方5間、宝形造、銅板葺、1間向拝付。宗祖弘法大師をお祀りしています。 ▼興教大師祖師堂。方3間、宝形造、本瓦葺。両脇は格子の蔀戸。 ▼祖師堂扁額。 ▼本長谷寺。桁裄3間、梁間3間、入母屋造、本瓦葺、1間向拝付。  天武天皇勅願で道明上人がここに精舎を造営したことから、今の本堂に対し本長谷寺と呼んでいる。朱鳥元年 (686年)道明上  人は天武天皇の御病気平癒のため「銅板法華説相図」を鋳造、本尊としてお祀りされた。 ▼本長谷寺内陣。正面に国宝本尊「銅板法華説相図」が祀られています。 ▼本坊から本堂を望む。 ▼境内の秋色を満喫して今日の長谷寺 オ シ マ イ。 隠国の泊瀬とよく云ったもので周りは総て山また山、いつもながらこんな所によくお寺を開いたもんだわいと道明上人、徳道上人の パイオニア精神に感動しながら境内を周りました。モチロン大ご本尊にお触りしてきました。 close

長谷寺、大舞台とデッカイご本尊が待ってますヨ。
サイト名 土曜日は古寺を歩こう。
タグ お寺 奈良の古寺巡り
投稿日時 2019-11-14 16:01:03

「長谷寺、大舞台とデッカイご本尊が待ってますヨ。」関連ページ一覧

新着記事一覧

高木神社の御朱印(東京・墨田区)〜「からかい上手の高木さん」の先に「原色の街」 - 御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth


御朱印(神社・仏閣)
▼高木神社の御朱印です。(東京都墨田区押上) ▼同じく、令和の新元号記念の御朱印。 ▼祭神が高皇産靈神(タカミムスビノカミ)ということから「むす...
御朱印(神社・仏閣)
御朱印 神社
2019-12-07 04:20:35

荏原神社 龍神様が品川を守り続ける神社(東京都品川区)


人生に悩めるあなたのための、関東神社仏閣オンラインツアー
品川の龍神さまとして、多くの武将から信仰を受けた神社。 今回は、荏原神社(東京都品川区)についてお話していきます。 主祭神は、 ・高龗神(たか...
人生に悩めるあなたのための、関東神社仏閣オンラインツアー
東京都の神社(品川区) 神社
2019-12-07 01:40:06

猿丸神社 紅葉 『謎の歌人・猿丸太夫の正体は弓削浄人だった?その②』


心の旅
京都府綴喜郡宇治田原町 猿丸神社2019年12月1日 撮影 猿丸神社 拝殿猿丸神社 紅葉 『謎の歌人・猿丸太夫の正体は弓削浄人だった?その①』&#16...
心の旅
京都府 神社
2019-12-07 01:20:06

参拝客でいっぱい 「春日大社」の御朱印(奈良県奈良市)


歴史めぐり 御朱印好きのあちこち紀行
春日大社の御朱印苔むした燈籠の向こうに見えて来た緑の中の朱色それが春日大社でしたそれまでは歩いている人もまばらな静かな原生林の中でしたがさす...
歴史めぐり 御朱印好きのあちこち紀行
奈良県の神社 御朱印 御朱印 神社
2019-12-07 01:04:00

縁城寺、「橋木の観音さん」と親しまれています。


土曜日は古寺を歩こう。
(2019.12.01 訪問) 師走第一弾は發信貴山縁城寺、丹後半島のほぼ中央に位置する京丹後市峰山町にある真言宗のお寺です。大大阪から名神高速、京都...
土曜日は古寺を歩こう。
お寺 京都の古寺巡り
2019-12-07 00:41:46

〖石の彫刻〗新田神社の御朱印と珍しいモニュメント - 酒とうどんと御朱印の日々


御朱印(神社・仏閣)
今回は大田区の新田神社の御朱印をご紹介します。南北朝時代に南朝の忠臣だった新田義興を祀った神社で、「石の彫刻 LOVE神社」「石の卓球台」と...
御朱印(神社・仏閣)
御朱印 神社
2019-12-07 00:40:03

白魚稲荷神社(大田区/羽田)の御朱印と見どころ - 神社と御朱印を巡る男の旅


御朱印(神社・仏閣)
白魚稲荷神社 羽田七福いなりの一社、「白魚稲荷神社」へ ご由緒 境内案内 参拝を終えて 御朱印 アクセス 電...
御朱印(神社・仏閣)
御朱印 神社
2019-12-07 00:24:01

感神社の磐座信仰・明智光秀と毘沙門天と「本能寺の変」


神秘と感動の絶景を探し歩いて  Beautiful superb view of Japan
兵庫県三田市上青野に鎮座する、下青野感神社。由緒です。長徳元年(995)、村民害毒に侵さるる者多し。 村内天台宗青葉山青林寺の住僧除疫の爲め大般若...
神秘と感動の絶景を探し歩いて  Beautiful superb view of Japan
お寺 巨石・磐座 神社
2019-12-07 00:21:03

2020年 新春のウォーク 光滝寺参拝・初不動『餅まき』参加と散策


ブログ | 河内長野市観光協会
2020年 新春のウォーク    光滝寺参拝・初不動『餅まき』参加と散策                 《約5,5キロ》   ▼と き :令...
ブログ | 河内長野市観光協会
お寺
2019-12-06 16:01:00

白幡神社(横浜市鶴見区東寺尾) - かつては足利尊氏を御祭神として祀っていた神社


散歩日記
かつては足利尊氏を御祭神として祀っていた神社白幡神社(横浜市鶴見区東寺尾)足利尊氏を御祭神として祀っていた「白幡神社(横浜市鶴見区東寺尾)」...
散歩日記
お寺 八幡信仰 横浜市 神社 諏訪氏 足利尊氏
2019-12-06 15:41:00
;