縁城寺、「橋木の観音さん」と親しまれています。の詳細

縁城寺、「橋木の観音さん」と親しまれています。
土曜日は古寺を歩こう。
ページの情報
記事タイトル 縁城寺、「橋木の観音さん」と親しまれています。
概要

(2019.12.01 訪問) 師走第一弾は發信貴山縁城寺、丹後半島のほぼ中央に位置する京丹後市峰山町にある真言宗のお寺です。大大阪から名神高速、京都 縦貫道を一路北上、宮津天橋立を経由して約150Km、約2時間のコースです。比較的行き慣れたドライブ、大和路号はランラン気分 …… more で目的地に向かって走っています。 [ 縁城寺 ] ●山号 發信貴山 (はしきさん) ●寺号 縁城寺 (えんじょうじ) 愛称はしぎの観音さん ●宗派 高野山真言宗 (こうやさんしんごんしゅう) ●開基 善無畏三蔵 (ぜんむいさんぞう) ●勅願 光仁天皇 (こうにんてんのう) ●開創 養老元年 (717年) ●本尊 千手観音立像(重文) 三十三年に一度のご開帳 ▲京都府京丹後市峰山町橋木873 TEL.0772-62-0957   ▲拝観料 自由 ▲拝観時間 自由 ▲https://ja-jp.facebook.com/hashikidera ▲京丹後鉄道宮豊線「峰山駅」からタクシー10分   ▼勅使門。切妻造、桟瓦吹。従来の勅使門の印象とは少々違いますが勅使門です。  本堂があるところまで約300mあります。   縁城寺縁起 昔、印度の高僧善無畏三蔵来朝し、紫雲の霊瑞を尋ねて当山に来たり。千手観音木像を授かり、その由来を記して尊像の天衣に結び て帰印され給う」と伝えられる。その後延暦14年(795)、桓武天皇より「縁城寺」の寺号勅額を賜り、また弘法大師が若き日、縁城 寺に三蔵の天衣記があると聞きご来錫披見し、「發信貴山」の山号額を自ら書き残した。その後一時衰微したが、一条天皇の帰依篤 く勅願寺として永延2年(988)再興され、以来丹後地方の庶民の信仰の中心として賑わいを見せた。しかし明治4年(1871)、廃仏毀釈 などのため、漸次衰運に向かうに至った。昭和2年(1927)丹後震災による総門、仁王門、庫裏の全壊、昭和38年(1963)の豪雪による 多宝塔上層部の倒壊等を経て現在に至り、往時の伽藍の復興を望まれる状況にある。 ▼縁城寺の略縁起が記されています。             ▼参道左右に「京都の自然二百選」に選ばれた「シイ」の巨木群。 ▼勅使門から少々歩くと短い参道石段。上のお堂は本堂です。 ▼鐘楼。             ▼宝篋印塔 (重文)。              石造基壇付宝篋印塔で善無畏三蔵の供養のために正平六年(1351年)建立。 ▼本堂。桁行五間、梁間四間、入母屋造、桟瓦葺、一間向拝付。嘉永元年(1846年)再建。  丹後地方特有の豪雪被害で多数の丸太が屋根を支えています。 ▼龍が波打つ意匠の動きアリアリの海老虹梁。 ▼本堂正面です。前面、奥面とも格子戸は妙なリズムを感じませんか。                                                 ▼本堂外陣の吹き放ちに安置されている阿形金剛力士。                                 ▼こちら吽形金剛力士。                 ▼内陣に掲げられている寺号扁額。 ▼本堂内陣の須弥壇。             ▼お前立の観音さん。             ▼本尊千手観音立像(重文)。             (本尊写真はnetから) ▼本堂斜景。 ▼甍と朱の共演。 ▼多宝塔初層。この写真を見る限り、多宝塔とは思えませんネ。けれど多宝塔の初層なんです。  天保三年(1832年)建立。丹後震災で相輪が折れ、昭和三十八年(1963年)サンパチ豪雪により二層目が倒壊。  以降初層に銅板の切妻屋根を載せた応急修理のままになっているそうです。 ▼多宝塔斜景。 ▼ファショナブル六地蔵さん。             ▼稚児を抱っこしているお大師さん。             ▼水子地蔵さん。             ▼こちら願掛けお不動さん。半浮き彫りの彫刻です。 ▼宝蔵への階段。 ▼宝蔵。 ▼縁城寺の鎮守社。 ▼さて参道を戻って…、 ▼縁城寺お暇します。写真は唯一の塔頭寺院です。 「最盛期には広大な境内に七堂伽藍が建ち並び七院、二十五坊を擁し奥丹後随一の名刹として名を馳せました」と今の時代に往時の縁 起が語る歴史の盛衰、そして時代の変遷の非情さ、幾世紀後こういったお寺がどんな形で残ってゆくのか非常に興味のあるところです。 close

縁城寺、「橋木の観音さん」と親しまれています。
サイト名 土曜日は古寺を歩こう。
タグ お寺 京都の古寺巡り
投稿日時 2019-12-07 00:41:46

「縁城寺、「橋木の観音さん」と親しまれています。」関連ページ一覧

新着記事一覧

瀬織津姫神社


まにまに。
ご訪問ありがとうございます 下野八幡大神社から神話アグリロードを走行高千穂の町を東に横断しまして八大龍王水神へ。こちらは思うところがあっ...
まにまに。
神社
2020-01-21 01:40:06

安養寺の御朱印(東京・日野市)〜日野七福神めぐり❸毘沙門天 〜眩しく金色に輝く仏像ワールド - 御朱印迷宮 /Goshuin Labyrinth


御朱印(神社・仏閣)
▼田村山 安養寺(真言宗智山派・東京都日野市万願寺) 日野七福神 毘沙門天の御朱印です。 ▼同じく本尊 阿弥陀如来(多摩新四国八十八ヶ所霊場85番札...
御朱印(神社・仏閣)
お寺 御朱印
2020-01-21 01:24:00

御祈祷を受けて!勝運厄除けの力★石見國一之宮 物部神社


下川友子オフィシャルブログ「あなたに神様の光がとどきますように・・・☆」
★島根県のパワースポット★ つづいては出雲からちょっと離れました。 私、訪れるのは、初!石見國一之宮 物部神社です。 ご祭神宇麻志摩遅命 住所島...
下川友子オフィシャルブログ「あなたに神様の光がとどきますように・・・☆」
神社
2020-01-21 01:20:04

【お知らせ】2月1日より祟道天皇社(奈良市)で期間限定御朱印授与


古都の寺院の隠された真実を求めて
祟道天皇社のインスタグラムで既に告知されていますが2月1日から23日まで立春大吉の限定御朱印を授与されます。本日、祟道天皇社に、お詣りさせても...
古都の寺院の隠された真実を求めて
御朱印
2020-01-21 01:04:01

成田山 横浜別院 延命院 (野毛山不動尊) その二


元・【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】
宗派 真言宗智山派 本尊 不動明不動 220-0031 横浜市西区宮崎町30 公式サイト http://yokohamanaritasan.com 成田山 横浜別院 延命院 (野毛山不...
元・【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】
お寺 神奈川県 関東三十六不動
2020-01-21 01:01:01

【篠山→黒井】おさらいポタ<11>再訪:一ノ宮神社(栢野)


道草画日記@愉し、低速徘徊な日々
この神社で初めて中井家の彫りもんに出会ったのであります。サイクリング〜って風景です。分かれ道って独特の情緒がありますね〜神社へのアプローチが...
道草画日記@愉し、低速徘徊な日々
神社
2020-01-21 01:00:04

【兵庫】神功皇后が御鎮祭になられた住吉大社の元宮「本住吉神社」の御朱印


御朱印ランナーの聖地巡礼〜街・山ときどきスイーツ〜
令和元年10月14日 兵庫県神戸市の「本住吉神社」へ。 「本住吉神社」(もとすみよしじんじゃ)は、神功皇后が御鎮祭になったと伝わり、「日本書記」に...
御朱印ランナーの聖地巡礼〜街・山ときどきスイーツ〜
【御朱印】 兵庫の御朱印 御朱印 神社
2020-01-21 00:44:00

【2011 年7月の記事の修正】法隆寺(奈良県斑鳩町)の百萬塔について


古都の寺院の隠された真実を求めて
 百萬塔は称徳天皇の発願で宝亀元年(770)4月26日に完成した事が『続日本紀』に載せられています。称徳天皇が発願した西大寺は、その生前には完成し...
古都の寺院の隠された真実を求めて
お寺
2020-01-21 00:41:09

宮地嶽神社の1月限定御朱印。 - 水夜*mizuya* 日々色々


御朱印(神社・仏閣)
宮地嶽神社で、今年初めの御祈祷を受けてきました。     朝イチで行ったので、案内された待合室には、誰もいない。 以前は、机があったけど・・・ お...
御朱印(神社・仏閣)
御朱印 神社
2020-01-21 00:24:04

宗我坐宗我都比古神社〜蘇我氏の始祖を祀る神社〜


ゆだぽんの♬虹色オーラ♬ブログ
さてさて♪本日より昨年の11月1日〜3日に参加した『歴史作家 関裕二先生と行く☆奈良・飛鳥の旅』で参拝させていただいた寺社をご紹介させていただき...
ゆだぽんの♬虹色オーラ♬ブログ
神社
2020-01-20 15:20:04

神明社(横浜市港北区樽町1丁目) - 地域の氏神様として古くから祀られていたお社


散歩日記
地域の氏神様として古くから祀られていたお社神明社(横浜市港北区樽町1丁目)地域の氏神様として古くから祀られていた「神明社(横浜市港北区樽町1...
散歩日記
伊勢信仰 横浜市 神社
2020-01-20 15:00:06

法隆寺(奈良県斑鳩町)の百萬塔の伝来についての推理


古都の寺院の隠された真実を求めて
鎌倉時代、暦仁元年(1238)頃、法隆寺の学僧、顕真が上巻を撰し、寛元年間(1243~1246)に下巻を撰したと考えられている「聖徳太子伝私記」は、当時の法...
古都の寺院の隠された真実を求めて
お寺
2020-01-20 14:41:02
;