2016年 平泉を巡る(3) 毛越寺の詳細

2016年 平泉を巡る(3) 毛越寺
Ibati Rotihi Rarub
ページの情報
記事タイトル 2016年 平泉を巡る(3) 毛越寺
概要

 2016年の岩手旅行の話、まだ続きます。 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 2016年4月。電動アシスト自転車に乗り、世界遺産・平泉を巡る一日。「達谷窟」に続き、2つ目の目的地として訪れたのは、こちら。 &nbs…… more p;  平泉が世界遺産として認定されるにあたり、「仏国土(浄土)を表す建築・庭園および考古学的遺跡群」として、五か所の寺院や庭園が文化遺産に認定されました。その一つが、この毛越寺。 西暦850年(平安時代)、慈覚大師・円仁により、天台宗の寺院として創建された毛越寺。 火災によって一時は荒廃しましたが、奥州を支配する藤原氏によって再興されると、:境内には多くの伽藍(建物)が建てられ、寺院としての最盛期を迎えます。 しかし、その後も火災に見舞われたり、戦国時代の戦火に巻き込まれ、ほぼ全ての伽藍を焼失してしまいました。江戸時代は仙台藩の保護を受けますが、建物の大半は修復されないまま、その礎石だけが残された遺構が現代まで残されています。 明治時代になって、ようやく現在の寺院の建物が建てられ、境内が整備されました。   現在の本堂は平成元年に再建されたものですが、堂内に祀られている御本尊・薬師如来は平安時代に彫られたものです。 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 平安~鎌倉時代に全盛期を迎えた頃の遺構が残っているのは、現在の本堂の前から横道に入っていった先。   室町時代までは、ここにあった南大門が寺の正門でした。西暦1573年に火災で焼失してからは、12個の礎石だけが残されています。  西暦850年(平安時代)、慈覚大師・円仁により、天台宗の寺院として創建された毛越寺。 そのあと、火災によって一時は荒廃しますが、奥州を支配する藤原氏によって再興されると、多くの伽藍(建物)が建てられ、寺院としての最盛期を迎えます。 しかし、その後も火災に見舞われたり、戦国時代の戦火に巻き込まれ、ほぼ全ての伽藍を焼失してしまいました。江戸時代は仙台藩の保護を受けますが、建物の大半は修復されないまま、その礎石だけが残る遺構として現代まで残されています。  奥州藤原氏が夢見た浄土世界をイメージして造られた「浄土庭園」。 東西180メートル、南北90メートルにも及ぶ「大泉ヶ池」を大きな海に見立て、出島や小島、築山、洲浜などが配置されています。     のんびりと「大泉ヶ池」の周りを歩きながら、復元された伽藍(建物)や、かつて伽藍があった跡地を巡っていきます。 最初に訪れたのは、開山堂。  毛越寺を開いた、慈覚大師円仁を祀った堂宇。 堂内には慈覚大師の像に加え、藤原氏三代の画像も据えられています。  現在は芝生の空き地になっているスペースにも、かつては多くの伽藍が建ち並んでいました。    幸運にも天気にも恵まれ、緑多い景色の中を歩いていると、不思議に心が穏やかな気持ちになってきます。  江戸時代、仙台藩主の武運長久を願って再建されたのが「常行堂」。  堂内には本尊である阿弥陀如来と四菩薩、奥伝には秘仏である摩多羅神が祀られています。 守護神である摩多羅神は、地元では古くから作物の神様として信仰されているそうです。   常行堂の近くには、中心の「大泉ヶ池」に水を引き入れる水路の役割を果たす「遣水」が。   大泉ヶ池が「海」ならば、そこに水を送る遣水は「川」。 曲がりくねった水路に合わせて、様々な石組みがされています。    この遣水は、平安時代から残る遺構としては日本唯一のもの。 毎年、新緑の季節になると「曲水の宴」が開かれ、平安時代の雅な服装に身を包んだ人々による儀式が行われます。       close

2016年 平泉を巡る(3) 毛越寺
サイト名 Ibati Rotihi Rarub
タグ お寺
投稿日時 2020-11-25 00:42:15

「2016年 平泉を巡る(3) 毛越寺」関連ページ一覧

新着記事一覧

高天原・天孫降臨ー4 大和葛城説ー3 葛木御歳神社


素人漁師の独り言
1月21日の誕生花    ロウバイ(蝋梅) 花言葉:      慈愛、先導、先見     高天原・天孫降臨ー4 大和葛城説   葛木御歳神社(かつ...
素人漁師の独り言
国内旅行記 歴史探訪 神社 神話 神話 神社 仏閣 美の散策 近畿・美術館・ 関西地方
2021-01-21 04:40:23

御朱印集め 源九郎稲荷神社(Genkurou-inarijinjya):奈良 - suzukasjp’s diary


御朱印(神社・仏閣)
源九郎稲荷大明神   【源九郎稲荷神社】 【その他の御朱印】  【アクセス】 【参拝を終えて】 【御朱印一覧】 【追記】  ...
御朱印(神社・仏閣)
御朱印 神社
2021-01-21 04:25:05

ロケ!!丑年にこそお参りしたい! 東京都の牛嶋神社は厄除パワー全開!!


下川友子オフィシャルブログ「あなたに神様の光がとどきますように・・・☆」
さてっ 前回のブログに続きお金にまつわる神社 御金神社へご案内しよう~ ・・・っと思ったら この日がきました!! 毎月1がつく日は下川友子...
下川友子オフィシャルブログ「あなたに神様の光がとどきますように・・・☆」
神社
2021-01-21 01:40:08

【大和徘徊】田原本町→法隆寺編<8>但馬の2社


道草画日記@愉し、低速徘徊な日々
但馬って兵庫県北部の地名、なんで奈良に???周辺に多い杵築神社(三宅町但馬)なので、祀られてるのは出雲系の神さんです。さらに境内にお寺がある...
道草画日記@愉し、低速徘徊な日々
お寺
2021-01-21 00:41:02

高津神社 2


みどりの木のブログ
昨日の続きです。 石段の上に拝殿が見えます。 グーグル地図です。 石段の途中にある「命の木」御神木が倒れたので、それを「命の木」...
みどりの木のブログ
神社
2021-01-21 00:40:32

安佐北区可部町亀山南新安佐市民病院(仮称)・今井田の柳瀬キャンプ場


歴史さんぽ
1月19日、安佐北区可部町亀山南を通って柳瀬キャンプ場までドライブしました。安芸亀山駅に隣接する新安佐市民病院(仮称)の建設工事は大分進んで...
歴史さんぽ
お寺
2021-01-21 00:21:17

寺院城陽0763 浄土宗 阿弥陀寺  薬師如来像は重要文化財


アートプラス京めぐり
        阿弥陀寺 本願山と号する浄土宗の寺で知恩院末である。もと地蔵院と号し、 専順和尚の開創による真言宗の寺であったが、寛永4年(1627)浄土宗...
アートプラス京めぐり
お寺 寺院
2021-01-20 15:41:00

日照山 国分寺<備中国分寺跡>(岡山県総社市上林)


今、出発の刻(たびだちのとき)
訪問日 令和2年10月1日 日照山 国分寺<備中国分寺跡> 五重塔(重要文化財) 備中国分寺に重文の五重塔があることを知り車を走らせた 五重塔の姿...
今、出発の刻(たびだちのとき)
お寺 神社・仏閣
2021-01-20 15:01:01
;