行基菩薩の求道の旅  一日ひとほとけ5 - 今日も終日お寺めぐりの詳細

行基菩薩の求道の旅  一日ひとほとけ5  - 今日も終日お寺めぐり
御朱印(神社・仏閣)
ページの情報
記事タイトル 行基菩薩の求道の旅  一日ひとほとけ5 - 今日も終日お寺めぐり
概要

奈良時代、日本の仏教は鎮護国家としての信仰、つまり仏の力で国を守るためのものであり、また東アジアの国際社会の一員としての学問的ステータスでもありました。 そんな時代、行基菩薩は民衆の中に入って仏の教えを説いてまわり、百姓と一緒になって道を整備し、橋を渡し、あるいは困窮者のための施…… more 設をつくるなど、精力的に人民救済を行いました。 行基のような私度僧(正式な資格のない僧)の勝手な行動は役人の目に留まり、たびたび弾圧を受けることになりました。それでも行基を慕い集まる人々の数はどんどん増え、その影響力はますます大きくなっていったのでした。 そんな行基菩薩は、きっと慈愛に満ち溢れた聖者のように穏やかなお顔をされていただろうと思うと、必ずしもそうではないようです。 お寺に祀られた行基の御像を拝見すれば、その多くは大変鋭い、厳しいお顔をされています。 行基の活動は広く人々を救済するという大乗仏教の精神に基づくもので、人民救済も行基菩薩にとっては仏教者としての修行なのでした。人々を喜ばすことが目的ではなく、むろん人に感謝されたいがためでもなく、地位や名誉のためでもありません。それはただ一心に仏道を志すものとしての使命であり、行基の生涯は、ひたすら続く長く厳しい求道の旅だったのです。 若い時には過酷な山岳修行を行い、日本国中を歩いてまわったといいます。お寺巡りをしていると、行基菩薩創建と伝えられるお寺のあまりの多さに驚かされます。その多くは後につけ加えられた伝承でありましょうが、それだけ行基が広く行動し、篤く崇拝されたことの象徴のようであります。唐招提寺や薬師寺がある奈良の西の京を少し北へあがったところに、喜光寺という小さなお寺があります。 喜光寺は行基菩薩が最後の時をお過ごしになったお寺で、境内の行基堂には行基菩薩の木造がおわします。この御像は行基のお墓がある竹林寺に安置されていた行基菩薩像(現 唐招提寺所蔵)を摸刻したものだそうです。 行基がこのお寺で眠るがごとく入寂されたのは天平勝宝元年(749年)、82歳のとき。 長い生涯を休むことなく体にむち打ち奔走してきた菩薩の、その意志の強い厳格なお顔はもはや疲れ果ててしまったように見えます。力なく眉間にしわを寄せ、弱々しく悲しい目に、差し込む日の光がわずかに揺れています。堅く結ぼうとする口もとは下がり、ほほは硬直し、痩せた胸板に肋骨が浮き出し、前に立って合掌する私はつらくなって、凝視するに堪えません。 この御像を拝するたび、菩薩の道とは苦行なのだと感じ、私は涙が出そうになります。 行基入寂の地であるとともに、喜光寺は「蓮の寺」としても知られています。夏には250以上もの大きな鉢が並び、白から紅の美しいハスが開花して芳香を漂わせます。 いま境内では新しく建設中の舎利殿の工事が行われています。枯れた茎をすっかり刈り取られたハスの鉢は境内の隅によせられていました。 うすく張った水は、弱い日を受けて鈍く光ります。藻が生え、落ち葉が泥の上に沈み、寂しくなった大きな鉢。一切衆生の救済というなかなか叶いそうにない大願をかかげた行基菩薩の精神は、いまでも輪廻を経巡り続けているのでしょうか。 今日は舎利殿の工事もお休みのようで、ひとけのない冬前の寂しい境内はとても静かでした。冬が過ぎればハスはまた泥の中から芽を出し、葉を広げ、7月頃には清楚な花を咲かせるでしょう。 私は遠くからもう一度、行基菩薩の御像に手をあわせ、目をつぶりました。 ― おしまい ―   リンク close

行基菩薩の求道の旅  一日ひとほとけ5 - 今日も終日お寺めぐり
サイト名 御朱印(神社・仏閣)
タグ お寺
投稿日時 2020-11-25 01:21:05

「行基菩薩の求道の旅  一日ひとほとけ5 - 今日も終日お寺めぐり」関連ページ一覧

新着記事一覧

高天原・天孫降臨ー4 大和葛城説ー3 葛木御歳神社


素人漁師の独り言
1月21日の誕生花    ロウバイ(蝋梅) 花言葉:      慈愛、先導、先見     高天原・天孫降臨ー4 大和葛城説   葛木御歳神社(かつ...
素人漁師の独り言
国内旅行記 歴史探訪 神社 神話 神話 神社 仏閣 美の散策 近畿・美術館・ 関西地方
2021-01-21 04:40:23

御朱印集め 源九郎稲荷神社(Genkurou-inarijinjya):奈良 - suzukasjp’s diary


御朱印(神社・仏閣)
源九郎稲荷大明神   【源九郎稲荷神社】 【その他の御朱印】  【アクセス】 【参拝を終えて】 【御朱印一覧】 【追記】  ...
御朱印(神社・仏閣)
御朱印 神社
2021-01-21 04:25:05

ロケ!!丑年にこそお参りしたい! 東京都の牛嶋神社は厄除パワー全開!!


下川友子オフィシャルブログ「あなたに神様の光がとどきますように・・・☆」
さてっ 前回のブログに続きお金にまつわる神社 御金神社へご案内しよう~ ・・・っと思ったら この日がきました!! 毎月1がつく日は下川友子...
下川友子オフィシャルブログ「あなたに神様の光がとどきますように・・・☆」
神社
2021-01-21 01:40:08

【大和徘徊】田原本町→法隆寺編<8>但馬の2社


道草画日記@愉し、低速徘徊な日々
但馬って兵庫県北部の地名、なんで奈良に???周辺に多い杵築神社(三宅町但馬)なので、祀られてるのは出雲系の神さんです。さらに境内にお寺がある...
道草画日記@愉し、低速徘徊な日々
お寺
2021-01-21 00:41:02

高津神社 2


みどりの木のブログ
昨日の続きです。 石段の上に拝殿が見えます。 グーグル地図です。 石段の途中にある「命の木」御神木が倒れたので、それを「命の木」...
みどりの木のブログ
神社
2021-01-21 00:40:32

安佐北区可部町亀山南新安佐市民病院(仮称)・今井田の柳瀬キャンプ場


歴史さんぽ
1月19日、安佐北区可部町亀山南を通って柳瀬キャンプ場までドライブしました。安芸亀山駅に隣接する新安佐市民病院(仮称)の建設工事は大分進んで...
歴史さんぽ
お寺
2021-01-21 00:21:17

寺院城陽0763 浄土宗 阿弥陀寺  薬師如来像は重要文化財


アートプラス京めぐり
        阿弥陀寺 本願山と号する浄土宗の寺で知恩院末である。もと地蔵院と号し、 専順和尚の開創による真言宗の寺であったが、寛永4年(1627)浄土宗...
アートプラス京めぐり
お寺 寺院
2021-01-20 15:41:00

日照山 国分寺<備中国分寺跡>(岡山県総社市上林)


今、出発の刻(たびだちのとき)
訪問日 令和2年10月1日 日照山 国分寺<備中国分寺跡> 五重塔(重要文化財) 備中国分寺に重文の五重塔があることを知り車を走らせた 五重塔の姿...
今、出発の刻(たびだちのとき)
お寺 神社・仏閣
2021-01-20 15:01:01
;