室生寺と「太陽の道」と「日本のダビンチコード」の詳細

室生寺と「太陽の道」と「日本のダビンチコード」
神秘と感動の絶景を探し歩いて  Beautiful superb view of Japan
ページの情報
記事タイトル 室生寺と「太陽の道」と「日本のダビンチコード」
概要

(前回の続編です)室生寺では、仁王門をくぐって700段の石段を上がると、奥の院に着きます。その途中には、何とも不思議なこんな場所。さらに、山中にも関わらず、なぜか「賽の河原」と呼ばれる場所がありました。賽の河原には、いくつかオモチャが供えられています。幼くして亡くなった、子どもの…… more 霊が集まる場所なのでしょうか。さらに登ると、これは常燈堂(位牌堂)。清水の舞台のような造りです。奥の院の中心は、常燈堂の正面にある小さなお堂「御影堂」です。鎌倉時代に造られた方三間の単層宝形造、厚板段葺で、頂上に石造りの露盤が置かれています。ここには弘法大師が住んでいたとも言われ、高野山で最重要聖域とされる高野山御影堂の形式を伝える唯一の建物でめずらしいお堂なのだとか。これは本家の高野山です。ちなみに室生寺御影堂には、弘法大師四十二才の像を安置しているそうです。  ☆さて、この最も重要な御影堂の背後に、なにやら不思議な岩塊が見えます。諸仏出現岩と呼ばれる、巨大な露岩です。岩のポツポツを仏の誕生に見立てたのでしょうか?そしてその頂上に建つのは、七重石塔。ここが重要な場所である事を示しているようです。神社仏閣の本殿・本堂の背後に位置する巨岩は、社殿形成以前の原始信仰時代の磐座(影向石)である可能性が高いはず。ならば、この不思議な岩こそが、室生寺という仏教寺院成立以前の、龍神や水神などを祭る原始信仰の場、聖なる岩だったと考えることが可能だと思います。  ☆ではそんな観点から、室生寺の原始信仰を立体化・総合化して見たいと思います。舞台造りの常燈堂の足元をよく見ると、ひっそりと妙な岩がありました。どうも気になって、その岩の上を見上げると、先ほどの諸仏出現岩と七重石塔が見えます。つまり、諸仏出現岩から、聖なる岩筋がここまで続いているわけです。確かに上で見ても、諸仏出現岩から下へと岩が続いています。その延長線をさらに下へと延ばすと、そこはこんな場所でした。ポツンと置かれた石仏は、単に偶然置かれただけではないのでしょう。意図的なはず。その先は、スキーのジャンプ台のように反り返って、尾根から断崖となって切れ落ちていました。そしてさらにその下方には、先ほどの賽の河原や巨大な根に抱かれた不思議な祭祀物が位置しているのです。大げさに言うなら、室生寺創建以前から存在した、聖なるラインかもしれません。このラインは、参道石段のすぐ西側に平行していて、五重塔の台地付近へと続いています。国土地理院の地図で等高線を確認すると、ここで緩やかになった台地状の尾根は、玄関口の太鼓橋付近へと続いていました。これらのことから考えると、創建当時は現在の太鼓橋周辺で川を渡り、尾根筋を伝って諸仏出現岩まで登ったのだと推測します。修行僧や参詣者が増えるにつれ、さまざまな建物の場所が切り開かれ、より安全な谷道が石段として整備されていったのではないでしょうか。ところで諸仏出現岩からは、急角度で下界が見えます。少し樹木を切り払えば、麓の集落や街道から、この巨大な諸仏出現岩と七重石塔がはっきり見上げられます。信仰上、極めて印象的な光景だったはず。そしてその前に建つ小さなお堂、御影堂に空海が住んだなどと伝えられる伝説には、室生寺の原始の姿がうかがえるように思います。  ☆諸仏出現岩前の御影堂は、高野山で最重要聖域とされる高野山御影堂の形式を伝える唯一の建物でした。ここは女人高野と呼ばれる室生寺。その本家である高野山では、何度も記事にしてきた『日本のダビンチコード』あるいは『空海曼荼羅の道』などと呼ばれる、謎の東西線がありました。空海の御生誕所とされる「善通寺」空海が修行した中国長安の「青龍寺」空海が入定した「高野山」の緯度が、いずれも北緯34度13分の東西線上に位置しており、いまだに解かれざる巨大な謎でした。太陽の道も空海ラインも、どちらも東西線です。空海はまちがいなく、「東西線」の深い意味を体得していました。その空海にかかわる室生寺に、『太陽の道』という別の東西線が存在する事は、はたして単なる偶然なのでしょうか。奈良時代末期、皇太子の山部親王(後の桓武天皇)の病気平癒の祈願のため、五人の僧がこの聖なる山中で祈祷をして優れた効果がありました。そうしたことから国家の為に建立したのが室生寺です。空海を引き立てた桓武天皇もまた、東西線の本質に触れていたような気がします。太陽の道とは、倭姫命や崇神天皇だけでなく、ひょっとすると後世の桓武天皇や空海も関わっていたのではないか。とんでもないことを言うようですが、ふとそんな気がしました。・・・妄想ついでに、もう一つ。室生寺の岩を写真で撮ると、角度によって何かの顔にみえることがしばしばあります。舞台造りの常燈堂(位牌堂)の壁板にも、知る人ぞ知る、何かの顔が。いやー、室生寺は何かと奥深く、そして神秘的です。まだ参詣されていない方は、コロナ後にはぜひどうぞ(^^♪三つクリックしていただくと、ネタ探しの元気が出ます。よろしくお願いいたします(^_^)/~にほんブログ村神社・仏閣ランキング close

室生寺と「太陽の道」と「日本のダビンチコード」
サイト名 神秘と感動の絶景を探し歩いて  Beautiful superb view of Japan
タグ お寺 お寺の絶景
投稿日時 2021-04-06 14:21:04

「室生寺と「太陽の道」と「日本のダビンチコード」」関連ページ一覧

新着記事一覧

〖瘡〗瀬田玉川神社の御朱印とアクセス - 酒とうどんと御朱印の日々


御朱印(神社・仏閣)
瀬田玉川神社は約500年にわたって瀬田・二子玉川エリアの氏神であり続けている神社です。武蔵野台地・国分寺崖線上の小高い丘の上にあるため、アクセ...
御朱印(神社・仏閣)
御朱印
2021-04-12 00:44:01

隠れたちょ~パワースポット!!鶴嶺八幡宮は参道脇がたのしい♬ゆるだん


下川友子オフィシャルブログ「あなたに神様の光がとどきますように・・・☆」
毎月1がつく日は 下川友子のゆるだん! 有名な神社でなくても こうやって散策してみると 発見&楽しい~もんです~ ・・・ってなわけで...
下川友子オフィシャルブログ「あなたに神様の光がとどきますように・・・☆」
神社
2021-04-12 00:40:05

狛犬たちのモノローグ  File997  鹿島神社  其の壱


白獅子・黒狛犬
同じ病気の方の希望の星に競泳の池江璃花子選手今大会で4冠達成した闘病も大変だったと思うがそれをはねのけてこの成績同じ病気の方に朗報だね
白獅子・黒狛犬
狛犬たちのモノローグ 神社
2021-04-11 16:00:05

自分自身に勝利を誓う場所!史上最強パワースポット 勝負の神!! 伊勢神宮 三重県鳥羽市観光


【三重県鳥羽市】伊勢神宮、石神さん近い【史上最強パワースポット いちべ神社】ブログ
史上最強パワースポット「いちべ神社」とは、いったいどんな場所なのか?それは、「自分自身に勝利を誓う」場所です。きっと、パワーに満ち溢れます。...
【三重県鳥羽市】伊勢神宮、石神さん近い【史上最強パワースポット いちべ神社】ブログ
神社
2021-04-11 15:20:05

【会津五色不動尊巡り】南会津町福米沢 真言宗 常楽院【青・青春不動】 - ☆tsune☆のぶろぐ


御朱印(神社・仏閣)
 おはようございます。tsuneです。    会津五色不動尊巡りの五番目は南会津郡南会津町福米沢・真言宗 雲閉山「常楽院」に祀られている「青春不動」...
御朱印(神社・仏閣)
お寺
2021-04-11 14:41:01

西国三十三所 2021年特別拝観リレー 紀三井寺・粉河寺・岡寺の秘仏を拝観してきました!  - 西国お遍路“行雲流水”


御朱印(神社・仏閣)
岡寺本堂 2021年4月9日、二番札所金剛宝寺(紀三井寺)、三番札所粉河寺、七番札所岡寺の特別拝観に行ってきました!いずれも前回お参りしたときは拝...
御朱印(神社・仏閣)
お寺 お遍路
2021-04-11 14:24:48

【鹿児島】島津義弘公をお祀りする精矛神社でいただいたステキな新作【御朱印帳】


~ Destiny 癒しの御朱印巡り ~
【鹿児島】鹿児島県姶良市加治木町の精矛神社のステキな新作【御朱印帳】 令和3年2月よりいただけます  【精矛神社 御朱印帳】(大判...
~ Destiny 癒しの御朱印巡り ~
御朱印 神社
2021-04-11 14:24:00

玄向寺のぼたん庭園 2021年の見頃と現在の開花状況・ぼたん祭りの日程は?


歩いてみたブログ
玄向寺には、松本市名勝「ぼたんの庭園」があることでも知られています。 境内には、120種・約1,350株の牡丹が植樹されていて、見頃の時期には華やか...
歩いてみたブログ
お寺 花・紅葉 長野 花・紅葉
2021-04-11 14:21:18

西国三十三所 第三番札所 粉河寺 ~霊験あらたかな童男の縁起絵巻~ - 西国お遍路“行雲流水”


御朱印(神社・仏閣)
粉河寺本堂と庭園 西国三十三所の第三番札所は、風猛山ふうもうさん粉河寺こかわでらです。紀の川の中流域の、和泉山脈と紀伊山地にはさまれた山間の...
御朱印(神社・仏閣)
お寺 お遍路
2021-04-11 00:44:01
;