尾道「千光寺」を訪れてみたの詳細

尾道「千光寺」を訪れてみた
Ibati Rotihi Rarub
ページの情報
記事タイトル 尾道「千光寺」を訪れてみた
概要

 広島・尾道の寺院巡り。 尾道の街を見下ろす千光寺山の頂上までロープウェイで上がり、そこから山を下りる途中で立ち寄ったのが、「尾道七佛」の一つである千光寺。 寺院に裏門から入る事なんて、滅多にありません。  実際、千光寺から山を登…… more っていく人は多かったのですが、逆に下りてきたのは私一人でした。  岩肌沿いに切り開かれた道を進んでいくと、目の前に見えてきたのが、  見上げるほどに巨大な岩。 古くから千光寺のシンボルとして鎮座し続けている「玉の岩」です。 岩の頂上を良く見てみると、  石でつくられた珠が据えられています。 大昔、ここには光る宝玉が据えられていて、毎晩のように光って、尾道の海を航行する船にとって灯台のような役割を果たしていました。 ところが、その噂を聞き付けて外国から訪れた者達によって宝玉は持ち出されてしまい、船で運ばれていく途中で海に落ちて海底に沈んでしまったそうです。 その光る宝玉にちなんで、現在も尾道近辺の海は「玉の浦」と呼ばれ、この岩は「玉の岩」と呼ばれ、この岩のある山は「大宝山」、ここに開かれた寺院は「千光寺」となりました。 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 千光寺が開かれたのは、平安時代の西暦806年。 尾道を見下ろす大宝山の中腹に、真言宗の寺院として開かれました。  御本尊である千手観音が祀られている「本堂」は、この地方では珍しい舞台造り。 江戸時代の西暦1686年に建てられ、岩壁から突き出すように建っている姿は、千光寺山を上るロープウェイからも良く見えます。   御本尊である千手観音は聖徳太子によって作られたものとされ、33年に1度しか公開されない秘仏。 良縁、交通安全、家内安全、病気平癒などの諸願成就の御利益があり、多くの参詣客が訪れています。  ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 寺のシンボルである「玉の岩」の斜め後ろには、真言宗の宗祖である弘法大師を祀る「大師堂」があります。  また、大師堂に隣接する客殿では「愛の明王」愛染明王が祀られており、良縁を求める多くの絵馬が奉納されていました。   大師堂の前には休憩用のベンチがあり、そこからの眺望は尾道の街から尾道水道、その先の島々まで見通せる絶景が広がっています。  ここから尾道にある十五か所の古寺が見えるそうなので、試しに数えてみましたが…  大きめの寺院が何ヶ所か分かる程度でしょうか。 どこに寺院があるか、地図があると分かりやすいのかも。 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 大師堂から本堂へと向かう途中の岩肌に彫られていた梵字。  江戸時代、五代将軍・徳川綱吉公の保護を受けていた真言宗の僧侶、浄厳和尚が千光寺を訪れた時に彫ったとされる「梵字岩」です。 岩山に密着している寺院なので、このように岩に刻まれた文字や仏像などが数多く見られます。 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 本堂の裏手にあったのが、  「石鎚山鎖修行」と書かれている場所。 巨大な岩石が積み連なる「石鎚山」に鎖を伝って上り、頂上にあるお堂に参拝する修行らしいです。  昭和初期から一時期は閉鎖された存在でしたが、現在では整備され、一般の参拝客でも参加する事が出来ます。  まあ、両腕で体重を支え、鎖を伝って上っていくなんて、私は無理な話。挑もうという気持ちすら起きません(笑)。 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 境内に奉納されている絵馬で気になったのは、  リラックマの絵馬。かなりの量が奉納されていて、なかなかの大人気ぶり。 その他、お守りなどにも使われていましたが、何か縁があるのでしょうかね? ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 石段を下りていくと、山門に到着。 いつもは入口なのに、今回は山の上から下りてきたので出口。  前方を見ると、  次の目的地である天寧寺の三重塔が、すぐ真下に見えます。 あそこを訪れたら、とりあえず、この日の予定は終了。 というか、そもそも山を下りないと帰れないのですが(笑)。     close

尾道「千光寺」を訪れてみた
サイト名 Ibati Rotihi Rarub
タグ お寺
投稿日時 2022-06-24 00:42:00

「尾道「千光寺」を訪れてみた」関連ページ一覧

新着記事一覧

八王子・初夏の風物詩~紫陽花・アナベル・短冊の願い事~【日吉八王子神社】


ハロちん♪と参拝歩記
日吉八王子神社2022.6.25(土)紫陽花の御朱印は、まだ咲き始めの5月に拝受したので、あらためて、紫陽花とアナベルを見に行こうと、朝食前の早朝あさん...
ハロちん♪と参拝歩記
神社
2022-07-01 16:40:08

猿田彦神社と御敷岩と風土記


神秘と感動の絶景を探し歩いて  Beautiful superb view of Japan
兵庫県神崎郡市川町に、猿田彦神社が鎮座しています。この神社は古くから地域の崇敬を集めており、明応年間(約500年前)には播磨国守護職赤松政村が...
神秘と感動の絶景を探し歩いて  Beautiful superb view of Japan
巨石・磐座 神社
2022-07-01 16:20:09

中河原御嶽神社(府中市住吉町) - 旧中河原村の鎮守として祀られていた御嶽社


散歩日記
旧中河原村の鎮守として祀られていた御嶽社中河原御嶽神社(府中市住吉町)旧中河原村の鎮守として祀られていたと伝わる「中河原御嶽神社(府中市住吉...
散歩日記
八幡信仰 山王信仰 府中市 御嶽信仰 神社
2022-07-01 16:00:09

温泉津港から龍御前神社まで


しあわせ歴史ドライブ(元九段で働くママの日記)
文月朔日今月も健康で幸運な日々でありますようにさて島根県大田市の温泉津温泉津は「ゆのつ」と読み名前の通りに温泉のわく港で石見銀山の銀の積出港...
しあわせ歴史ドライブ(元九段で働くママの日記)
神社
2022-07-01 15:40:09

祥福寺


みー散歩~神社仏閣御朱印めぐり~
大阪市内から電車で1時間ぐらい三宮ってもっと遠いイメージだったけど実は以外と近かったそして・・異国感漂う建造物が多いイメージだったけど日本の...
みー散歩~神社仏閣御朱印めぐり~
お寺
2022-07-01 01:01:02

厳島神社は人生の再出発となる導きの神様♪ゆるだん


下川友子オフィシャルブログ「あなたに神様の光がとどきますように・・・☆」
6月30日(昨日) 夏越の大祓 みなさん茅の輪くぐり、しましたか?? わたしは氏神様で くるくるくるくる まわってくぐってきました~。 人形に...
下川友子オフィシャルブログ「あなたに神様の光がとどきますように・・・☆」
神社
2022-07-01 01:00:07

【京都】紫式部が源氏物語を執筆した邸宅跡「廬山寺」の御朱印


御朱印ランナーの聖地巡礼〜街・山ときどきスイーツ〜
令和4年6月25日 京都市上京区の「廬山寺」へ。 天台圓浄宗大本山「廬山寺」は、天慶年中(938~947年)元三大師良源により、船岡山の南に創建された後...
御朱印ランナーの聖地巡礼〜街・山ときどきスイーツ〜
【御朱印】 お寺 京都の御朱印 御朱印 洛陽33の御朱印
2022-07-01 00:44:01

【京都】泣不動縁起絵巻を今に伝える「清浄華院」のウクライナ支援御朱印


御朱印ランナーの聖地巡礼〜街・山ときどきスイーツ〜
令和4年6月25日 京都市上京区の「清浄華院」へ。 浄土宗大本山「清浄華院」は、貞観2年(860年)清和天皇の勅願により、天台宗・慈覚大師円仁が宮中に...
御朱印ランナーの聖地巡礼〜街・山ときどきスイーツ〜
【御朱印】 お寺 京都の御朱印 御朱印
2022-07-01 00:41:00

賀茂神社 境内の蘇鉄群 (兵庫県たつの市御津町室津) <賀茂神社 其の弐>


和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)
照葉樹林文化(2022.3.12)<コース> 春の青春18きっぷ使用【往路】JR大阪(6:00) → JR姫路(7:30→7:31) → JR岡山(9:08→9:11) → JR倉敷(9:28→9...
和辻鉄丈の個人巡礼 古刹と絶景の健康ウォーキング(御朱印&風景印)
兵庫県 神社
2022-07-01 00:40:06

七年に一度の御開帳!「善光寺」@長野県(夜・その2)


SERUNAさんちのあじふらい
いきなり検索でココに辿り着いた人はその1からどうぞ。→http://ajiteiseruna.blog.fc2.com/blog-entry-4061.html夜の善光寺境内。人も少ないから、じ...
SERUNAさんちのあじふらい
お寺 寺院・仏教
2022-06-30 15:21:01

【岡山】獅子舞の里「七曲神社」でいただいたステキな【御朱印】


~ Destiny 癒しの御朱印巡り ~
【岡山】岡山県岡山市北区御津金川の七曲神社 【七曲神社 御朱印】拝殿に書き置きがありました    神主さま在中の時は  拝殿に獅子...
~ Destiny 癒しの御朱印巡り ~
御朱印 神社
2022-06-30 15:04:01
;